【2021年5月26日】スーパームーン皆既月食の方角・いつ・日本のどこで観測できる?天気は?時間帯のピークも解説

2021年5月26日は皆既月食があるそうです!

大変なご時世なので、皆既月食など神秘的なものを見て癒されたいですよね。

そこで今回は、

  • 皆既月食はいつ見れる?
  • どこで見れるのか?方角は?
  • 見れる地域・見れない地域
  • 当日の天気はどうなる?

このあたりまとめておきたいと思います!

なお、「観測できる地域」に書いてあっても、当日のあらゆる条件によって見ることができない可能性も無きにしもあらずです。

自然現象が関係することなので、ご了承ください。

2021年5月26日はスーパームーン皆既月食!日本で全国的に見られるのは3年ぶり!

日本で皆既月食を全国的に見ることができるのは、なんと2018年以来、3年ぶりだそうです。

前回の皆既月食を私も見ましたが、赤い月でとても神秘的でした。

また観られるかと思うとワクワクしてしまいます!

【2021年5月26日の皆既月食】いつ見れる?時間帯は?

皆既月食が見られる時間帯ですが、のぼってくる月は、満月で全て見える状態でのぼってきます。

18時44分ごろから徐々に欠けはじめ、20時18分頃が皆既月食のピークとなるそうです。

20時28分頃にはまた徐々に月が見え始めて、21時52分頃には、また普通の月に戻ります。

忙しくてずっとは見ていられない!という方がほとんどだと思いますので、「20時過ぎ~20時半頃」見ると、皆既月食の状態が見られると思いますよ!

【2021年5月26日の皆既月食】日本のどこで観測できる?見える高度・方角(方位)は?

皆既月食が見られる地域はどこなのかも気になりますよね。

今回の皆既月食は、全国的に見ることができるので、多くの人が楽しむことができます!

西の地域では地平線の下にまだ月があるので、月の欠け始めが見られない地域もあるようです。

方位や高度は、地域によって違うようですので、あらゆる方角を見まわしてみてください!

なお、全国的に見られるとは言っても、残念ながら観測できない地域も…

地域ごとに解説していきます。

【2021年5月26日の皆既月食】東京・大阪・北海道・新潟・名古屋では観測できる可能性あり!

観測できる地域は以下のとおり。

ウェザーニュースより)

  • オレンジ色の地域:ばっちり見える
  • 黄色い地域:チャンスはあるかも
  • グレーの地域:今回は諦めて…

という感じです。

この地図を見ると、

  • 北海道:バッチリ見える地域がほとんど!バッチリ見えるとはいえない地域でも、チャンスあり。
  • 東北・本州の日本海側(新潟など):バッチリ見える地域がほとんど!
  • 東京:ほとんどの地域でバッチリ見える
  • 山梨・静岡:可能性はアリ。
  • 名古屋:バッチリ見える
  • 大阪:バッチリ見える地域と、チャンスありの地域に分かれる。大阪北部ではほぼ確実に見える
  • 中国地方・四国地方:必ず見えるとは言えないが、チャンスはあり!

【2021年5月26日の皆既月食】九州は観測できる可能性が低い

地図を見てもわかるとおり、九州はほとんどの地域で見えないようです。

残念ですね…

九州北部の一部の地域のみ、観測できる「可能性」はあります!

お時間がある人は、諦めずに待ってみてくださいね。

【2021年5月26日の皆既月食】気になる天気はどうなる?

上記の「見える地域」「見えない地域」は、当日の天気に依存します。

「見える地域」は、高気圧の影響で晴れる予報のため、雲がすくなく、しっかり皆既月食を観察できます。

「チャンスあり」の地域は、少し雲がかかってしまう可能性があります。

見えたり見えなかったり…になるかもしれないので、一瞬空を見上げて見えなかったからといって、諦めないでくださいね!

少し時間が経ってから見上げてみると、見えている可能性もあります。

なお、九州地方では、梅雨前線の影響もあり、広く雲がかかっており、見える地域は少なくなっています。

まとめ

2021年5月26日の皆既月食についてまとめました!

日頃疲れが溜まっている方は、神秘的な皆既月食に癒されてくださいね。

なお、私は広島在住のため、「チャンスあり」の地域に分類されます。

当日の天気次第!ということになりますので、見えるよう祈って待ちたいと思います。