【9歳男児の車運転衝突事故】親は何してた?鍵(キー)の管理は?【岩手盛岡市北山】

岩手県盛岡市北山の国道で、9歳の男の子が自動車事故を起こしました。

「9歳が事故⁉」とにわかには信じがたかったので、複数のメディア情報から状況を整理しました。

9歳児が車を運転⁉衝突事故が発生【岩手盛岡市北山国道4号線】

6月5日の17時半ころ、国道4号の交差点で、事故は起きました。

停車中の車(軽自動車)2台に衝突してしまい、衝突された側の車に乗っていた女性が怪我をしてしまったとのこと。

幸い、首に軽傷だけで済みましたが、大惨事になっていた可能性もあります。

スピードは20キロ~30キロ出ていたとのことで、ブレーキをかけずにそのまま停車中の車に突っ込んでいたとしたら、かなりの衝撃だったと思います。

エアバッグなどで助かったのでしょうが、一歩運が悪ければ重傷の人が出てもおかしくなかったでしょう。

 

男の子は通報があってから10分くらい運転した後で事故を起こしたとのこと。

その前2キロほど、「子供が車を運転している」と通報されたパトカーが追跡中でした。

蛇行したりUターンしたりなど、かなり危険運転になっていたとのことで、死者が出なかったことが不幸中の幸いです。

9歳児が車運転時に親は何してた?なぜ子どもが車を運転する事態になったのか

9歳児が運転したと聞いて、まっさきに気になるのが「親は何してたの!?まさか助手席じゃないよね」という点…

もちろん助手席にはのっていなかったようで(乗っていたら運転させない)、目を話した隙に、男の子が勝手に車に乗っていたそうです。

車と鍵がなくなっていることに気が付いた親も、警察に通報しています。

【9歳児の車運転衝突事故】鍵(キー)の管理が甘かった?

鍵の管理が甘かったとも言えますが、そもそも運転方法を知っていたのが不思議です。

乗り物が好きな男児は大勢いますが、実際に運転するほどの知識はないはずです。

キーを差して、ブレーキペダルを踏みながらエンジンをかけて、シフトレバーをパーキングからドライブに入れて…と、やることはたくさんあります。

相当車の運転に興味がある子だったのか、親がエンジンをかけっぱなしにしてすぐ運転できるようになっていたのか…

そのあたりは分かっていませんが、防ぎようがあったのではないか?と思われてもしかたがないかもしれません。

9歳児が車運転で親は誰?職業は?

こんな事件が起きてしまって、親が誰なのか?が気になる人もいると思います。

しかし、親の名前や住所、職業などは特定されておらず、今後も報道の可能性は低いでしょう。

きちんと子供を見ていなかった責任は大きいとは思いますが、今回は誰かが亡くなっているわけではなく軽傷で済んでいることから、重大事件として名前がニュースに載ることはなさそうです。

9歳児の怪我の程度や容態は?

男の子には怪我がなかったのか、容態はどうなのかが気になるところです。

幸い、男の子には目立った外傷はないそうなのですが、精密に検査してみないと、万が一ということもあるので分かりません。

「軽傷」と記載しているメディアもあります。

いずれにせよ意識はあるということですね。

 

また、ぶつかられた軽自動車に乗っていた女性は、首に軽傷とのこと。

むち打ちなどで済んだのでしょうか…Yahoo!ニュースでは「頸椎の捻挫」と書かれていました。

怪我をされてしまったことはとても残念ですし、車の保険なども手続きが面倒ですよね…

しかし、怪我が大事に至らなくてよかったです。

9歳児運転で自動車保険は適用されるのか?

自動車保険が適用されるのかも気になってしまいますが、運転免許を持っていない人が運転しており、しかも9歳児…となると、保険は下りないでしょうね。

9歳の子の親は自腹で怪我をされた方への治療費や車の修理代を持つことになりそうです。

軽い凹みで10万円くらいかかることもあるので、車の損傷具合によりますが、数十万~100万円以上かかる可能性もあるかと思います。

まとめ

9歳の男の子が運転した車が衝突事故を起こしてしまいました。

親は車には乗っておらず、一人で運転していたとのこと。

目を離した隙に車に乗っていってしまっていたとのことですが、防ぐことはできなかったのか…?

どういう状況下であったのかは知らされていませんが、ただただ衝撃です。