【ツイ消し】野田聖子の公職選挙法違反ツイッター内容は?アカウントはどれ?餃子事件との違い

野田聖子議員が広島県で行われた選挙についてあるツイートをしましたが、公職選挙法違反なのではないかと話題になっています。

インターネット上での選挙活動について、以前問題になった「餃子事件」とは異なる点も多かった今回。

内容をざっとまとめておきます。

野田聖子議員の公職選挙法違反ツイッターアカウントはどれ?

野田聖子議員のツイッターアカウントは以下です。

しかし、今回問題になったツイートは既に削除されています。

野田聖子議員は自身の活動について頻繁にツイッターで報告をしており、過去には選挙を管理する総務相にいたこともあり、インターネット上での選挙活動については知見があるものと思われていました。

そんな有名議員が「公職選挙法違反」と言われているということで、ツイートの内容はどんなものだったのでしょうか。

【ツイ消し】野田聖子議員の公職選挙法違反ツイートの内容は?

野田聖子議員のツイッターの内容がこちら。

#参議院再選挙広島選挙区#西田ひでのり候補の応援で、#衆議院議員小林史明議員と福山市に参りました。たくさんの方にお集まりいただき、本当にありがとうございました。皆さんの貴重な1票をぜひ西田ひでのりさんに託してください!#野田聖子

excite news

これの何がいけないのかというと、以下の理由で公職選挙法違反にあたるというのです。

  • ツイッター上で選挙応援のツイートを行うこと自体はOK
  • しかし、SNS等での選挙運動は「選挙の前日まで」しか行ってはいけない

SNSで選挙の応援を行うことは良いのですが、選挙日当日にSNSで投票を呼び掛ける行為はNGとのこと。

にもかかわらず、野田聖子議員は「皆さんの貴重な1票をぜひ西田ひでのりさんに託してください!」と、「応援ではありません」との言い逃れが全くできない文面でのツイートを行っています。

これがTwitter上で話題となり、野田聖子自身はすでにツイートを削除しているものの、多くの人がスクリーンショットを撮影し証拠を残す形となってしまいました。

SNSは投稿を削除してもすぐにスクリーンショットが出回るので、普段「もみ消し」ばかりしている政治家の皆さんには気を付けてもらいたいですね。

野田聖子議員と過去の餃子ツイートとの違いは?

過去にもSNSでの選挙活動で公職選挙法違反の疑いがあるとされたものがありました。

それがこちら。

「宇都宮健児」氏を応援していた立憲民主党の枝野代表や複数の議員が、SNSで立候補している「宇都宮氏」を想起させるようなツイートをわざとらしく呟いていたとのこと。

複数の議員がSNSで呟いていたため、悪意がある・姑息だなどと言われていました。

また、選挙期間中であれば応援ツイートは容認されるのですが、上記の宇都宮餃子のツイートも投開票日当日に行われていたため、問題になりました。

しかし、今回の野田聖子議員のツイートにと、まだ言い逃れが効きますよね…

野田聖子議員のツイートがいかにアウトだったかが分かります。

まとめ

野田聖子議員のツイッター上には今回問題となっているツイートは削除されています。

また、以前問題となった宇都宮餃子にかこつけた他議員のツイートについては言い逃れができる内容のため公職選挙法違反で罰則を受けることはありませんでした。

しかし、今回の野田聖子のツイートはどう見てもアウトなので、スクリーンショットが残っている以上何かしらの制裁が下される可能性もあるのではと思います。