インド人の教育!インド式の数学や教育グッズ(教材/知育玩具)通販特集

あさイチでも特集の『インド人の教育』。

日本の教育と何が違うのでしょうか。

また、インド式の教材を通販で購入することはできるのでしょうか。

今回は、インド式の教育グッズ・教材をまとめてみました。

インド式教育グッズ

19×19かけ算表

 

日本では 9×9 まで暗記します。
九九を にさんがろく はっぱろくじゅうし とリズムをつけて語呂合わせで覚えますが、インドでは 19×19まで暗記をするそうです。
二ケタ以上の計算は日本人は筆算を始めることが多いようですが、インドでは数を分解・整理しし、 暗算を活用して計算をショートカットして答を導くのです。

3桁の掛け算「434×278」の計算例をみると、
掛ける数278を、200+70+8に分解し、434×8、434×70、434×200を計算し、 それを合算して答を出す方法を示しています。 こうして、数字を分解・整理することで計算しやすくなり、暗算でもできるようになります。

筆算を習う前に目で見て形で一目で右脳で学習できるインド式かけざんポスターです。
19×19までの基礎を日常的に目にしながら右脳で覚えられます。
お子様にも受け入れやすい大きさポスターのサイズと文字で自然に身に付けていただけます。(引用元:https://item.rakuten.co.jp/elegante-popo/19×19/)

 

こちらの説明にあるように、日本ではかけ算九九を習いますが、インド式では19x19まで習います。

九九のように19x19まで覚えて言えるようになったら、計算が早くなること間違いなしですね!

こちらの計算表は、お風呂場やリビングなどにはるB2の大型表です。

ぼーっとしてしまうだけの、お風呂タイムやトイレタイム用に一つ購入してみるのもいいですね。

こちら、楽天サイトから購入することができますので、下記ボタンをクリックしてくださいね。

そして、こちらは5種類の表のセットです。

おなじみ九九の表からインド式19x19の表、ひらがな、英語の表もセットされています。

それぞれがB2版とB4の紙4枚分の大きなポスターになっていて、お風呂や濡れる場所でも使用できるようです。

こちらは、同じく19×19の表ですが、少し見え方が違いますので気に入った方をどうぞ。

楽天から通販で購入できますよ。

下記をクリックしてくださいね。

アートパネル19×19表

こちらの19×19かけ算表は、アートパネルになっています。

こちらも楽天から購入できますよ。

インド式計算問題集(子ども用)

こちらは、インド式の計算問題集です。

日本では習わない方法の19×19丸暗記や2桁の簡単かけ算の仕方など、インド式の算数問題集です。

19×19までの計算が5分で覚えられるくらいに簡単なんですね!

ますます興味が湧いてきました。

こちらの問題集も楽天で通販購入できますよ。

 インド式計算問題集(大人も子供も)

こちらの問題集は、子供向けではなくて、大人でも子供でも楽しめ学べるようになっているようです。

インドの子どもたちはどんな学びをして算数が得意なのか覗いてみたい方に、良さそうな一冊ですね!

こちらも下記をクリックして、楽天からお取り寄せできますよ。

AR知育玩具で遊んで学ぶ

こちらは、最新知育玩具です。

ARが搭載されているので、目の前にある特殊ブロックを積み上げることにより、セットした手持ちのiPadなどと連動することができます。

そして、英語や数を学ぶことができます。

子どもたちが遊んでいるうちに、それが学びになっているというグッズです。

子ども時代にこんな知育玩具が自宅にあれば、学ぶ楽しさが違ったかもしれませんね。

こちらの楽天のリンクから詳細をご確認くださいね。

インド式をもっと詳しく知りたい方には、こちらの本がおすすめです。

日本とインドの、仕事や教育、家族について文化や生活が比較されて描かれています。

楽天で購入できますので、ご興味のある方はこちらをクリックしてくださいね。

インドカレースパイスセット

インドといえばカレーです。

こちらのスパイスセットが超おすすめなので、インドの教育とは関係ないですがぜひご賞味くださいませ!

こちらのボタンをクリックして楽天に飛んでくださいね。

これまでのレビューも160件あり、美味しいカレーができますよ!

まとめ

インドの教育は算数がよく話にあがります。

そして、もう一つは英語教育ですね。

算数と英語に強いからこそ、今の時代に、インドに人々は世界中で活躍されているんですね。

インドのスパイス メティどこで買える?栽培方法、効果、使い方レシピも調査

インド式教育の小学校、幼稚園はどこにある(東京・大阪・京都)費用や授業内容、進学校も調査