井岡一翔選手(ボクシング)へ謝罪!JBCからの賠償金はいくら?

日本ボクシングコミッション(JBC)が井岡一翔選手へ謝罪しましたね。

今回は、事件の詳細と井岡選手への賠償金の可能性について調べてみます。

事態の詳細

まず初めに井岡選手の簡単な経歴です。

井岡 一翔(いおか かずと、1989年3月24日 – )は、日本のプロボクサー 第33代日本ライトフライ級王者。 元WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級王者。元WBA世界フライ級王者。現WBO世界スーパーフライ級王者。日本人初の世界4階級制覇王者。引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/井岡一翔

 

こちらにある通り、井岡選手は日本人初の世界4階級制覇をしたボクシング界の王者なのです。

そして、こちらの井岡選手は2020年末にWBO同級1位で世界3階級制覇の田中恒成選手と戦い、井岡選手が勝って2度目の王座防御に成功しました。

ところが、この試合前の尿検査で引っかかっていたと2021年4月に井岡選手と元に突然警察が現れます。

そして、無実の井岡選手に対しての取り調べが始まります。

家族やお子さんの前で、警察がいきなりやってきて捕らえられる・・・。なんという衝撃でしょうか。

結局は、JBCのずさんな管理たいせによって引き起こされた事態だということがわかりましたが、その間の約1ヶ月、井岡選手の家族にはSNSでの誹謗中傷など、大変な精神的な苦痛を負われました。

JCBからの賠償金は?

JBCは亀田大毅の試合でも管理責任を問われて裁判になっており、昨年1月には4550万円の支払いを命じる判決が下っている。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e301560e0f48c30c0cbae954750e764af1f2c674

 

こちらにあるように、JBCは以前から管理責任を問われる裁判などで敗訴しており、亀田選手に賠償金を支払うという事態も起こっていました。

今回もJBCはいくつかの汚点があります。

まずは、名誉毀損に当たります。

また、本来なら尿検査の疑いがあった場合の定められた手順では本人に連絡後の協議があってからの警察への通報が、今回は本人への連絡なしでのいきなりJBCから警察へ通報があり警察での取り調べがありました。

幾重にも重なるずさんな管理への賠償金が気になるところですね。

亀田選手の一件で4550万円の賠償金となれば、今回の井岡選手の一件でも正式な裁判をすれば4550万円以上の賠償金が支払われるのでは無いでしょうか。

ただ、井岡選手が求めているのは賠償金というよりも、これからのボクサーが安心してボクシングできる環境の整備のようです。

こちらに、このように発言されています。

 

潔白は証明できましたが、今回の事件を境に僕の人生は大きく変わってしまった。これまで街中で視線を感じたら、それは「井岡一翔」に対する好意の目でした。それが疑惑の目に変わってしまった。実際は違ったとしても、そう感じるようになってしまった。何も悪いことをしていないのに、僕も妻も後ろめたい気持ちになってしまった。 妻は身体を動かすのが好きで、同じジムを利用していましたが、ジムには僕のサインが飾ってあるから行きづらくなってしまった。一番つらかったのが、SNSでの誹謗中傷。まだ1歳の息子が「シャブ中の息子」と叩かれたのはたまらなかった……。 身体は正直なもので、これまで経験したことがないほど、背中が張りました。ケアしても全然治らない。とにかく疲れが取れない。妻は酷い肌荒れに苦しんでいました。唯一の救いが息子でした。無垢(むく)な息子と接しているときだけは自分も無になれる。車を運転していても気分が晴れず、赤信号で停まって「はあ……」とタメ息をついたとき――思わず、チャイルドシートの息子に向き直り、その小さな手を握る自分がいました。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e301560e0f48c30c0cbae954750e764af1f2c674

 

また、このようにも話されています。

 

HPのどこを見ても名誉回復に繋がる記載はなく、『プレスリリース』の中に報道各位宛ての短い詫び文があっただけ。唖然としました。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e301560e0f48c30c0cbae954750e764af1f2c674

 

そして、こちらも。

 

JBC上層部の辞任は最低限。組織を解体し、選手が安心して戦える体制に作り直すしか道はない。今回の事件で敢えてプラス要素を探すなら、4階級王者という発信力や影響力のある僕が被害に遭ったこと。二度とこんな悲劇が起こらないよう動くことが、今後の僕の使命だと思っています。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e301560e0f48c30c0cbae954750e764af1f2c674

 

井岡選手自身が体験された今回の悲惨な事態を、もう2度と他の選手が体験しないようにすること、それが井岡選手の使命だとも話されていますね。

まとめ

JBCのずさんな管理により、井岡選手は身に覚えのない容疑で警察に取り調べを受けました。

世界で活躍する選手が、今後このような悲惨な事態に巻き込まれることのないように、きちんとした管理のできる組織へと成長してほしい、成長していかなければならないと心から思います。

井岡選手が安心して活躍できる場が広がりますように!

井岡選手のご家族のことをこちらにまとめました。

ぜひ、クリックして読んでくださいね。

素敵なご家族の写真がたくさんありますよ。

井岡一翔(ボクシング)選手の家族・嫁(妻)や子どもは?離婚歴ありで元妻は歌手?