キッチンdiveから学ぶカスハラ対応!暴言にはこう切り返す!

24時間営業で200円弁当など目玉商品が常にある東京都亀戸のキッチンDIVEで事件が起こりました。

それは、深夜3時を過ぎた頃に、このキッチンDIVEに泥酔状態の男性二人が入店。

そして、最後には、この泥酔状態の男性たちが店員に暴言を吐きまくるという事態になったのです。

今回は、このカスタマーハラスメントの暴言をまとめ、それらにキッチンDIVEの店長と店員がどのように対応したのか調べてみます。

キッチンDIVEカスハラ暴言まとめ

泥酔状態の男たちは、キッチンDIVEでお弁当を購入する際に、電子レンジで温めてと言いますが、店は感染症対策などで電子レンジを撤去していたのでした。

そこで、店員が電子レンジがない旨を伝えると、突然の大声での暴言。

こちらが、深夜にキッチンDIVEを訪れた男性二人組の暴言です。

 

泥酔男
お前、態度悪すぎるぞ
泥酔男
だからそんな(弁当屋の)仕事してんねん、アホ
泥酔男
こんな口のききかたするか、客に向かって。客じゃないってこと? するんかって、お前
泥酔男
金払ったら客だろうが、コラ、オイ
泥酔男
ないんでしょ、お客さんに対してありがとうって
泥酔男
本当に日本人?
泥酔男
お前の給料はここで買ったお金で払われてんだろ

 

そもそも、この感染症対策が叫ばれているこのご時世に、午前3時に泥酔状態になるほど飲み歩いていること自体が非難されるに値してしまいますよね。

また、この泥酔男たちは、マスクを顎にしているという状態だったのも、さらに炎上を加速し、アゴマスク男とも別名呼ばれております。

それ以外にも、

  • 大声で怒鳴る
  • お金を投げつける

という、店員さんにしてみれば、深夜に身の危険を感じる怖い経験をされました。

キッチンDIVE伊藤店長と店員さんの凄い経営理念

ここで凄いと思うことは、キッチンDIVEの伊藤店長の経営理念がきちんと店員さんに広まっていることです。

 

店主の伊藤慶さんは、「クレーマーや面倒くさい人は客じゃない。放っておいたら優良顧客が逃げてしまう」と語り、断固たる態度をとるべきと話す。迷惑客への対応を聞いた。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5acec1f5c91194845315c3a7f73d3a911449cf43

 

伊藤さんは、「店員には、場合によっては客を出禁にして良いと伝えてある。お客さんの代わりはいるけど、スタッフの代わりはいない。スタッフを採用するほうが難しいし、コストがかかる」と強調する。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5acec1f5c91194845315c3a7f73d3a911449cf43

 

これらの経営理念をしっかり受け継いだ店員は、このアゴマスク男らに、このように切り返しています。

 

店員さん
お客さんじゃないんで、出て行ってもらえますか
店員さん
お客さんじゃないです
店員さん
(お金)払ってもらってないです。投げただけです
店員さん
私、奴隷じゃないです

 

こんな風に切り替えせる女性の店員さん、かっこいいですね!

時は、深夜3時ですから、泥酔客が来ただけも怖くて引いてしまってもおかしくない状態ですよね。

 

「店に不満があるなら来なくていい」と伊藤さんは言い切る。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5acec1f5c91194845315c3a7f73d3a911449cf43

 

こんな風に言い切ってくれる店長さんの元、働けるっているのは幸せですね!

キッチンdive店長(伊藤慶)の経歴や弁当屋経営術!顎マスク男性等youtube生配信でタワマン最上階