水谷陽子容疑者のマンションに午前3時にいた理由/わけは?相沢勇樹さん予知夢がエグい

水谷陽子容疑者が、元同僚の相沢勇樹さんに対して起こした事件で不思議に思うのは、相沢勇樹さんはなぜ真夜中の午前3時に水谷容疑者の自宅マンションにいたのかということです。

今回は、相沢勇樹さんが水谷陽子容疑者の自宅マンションにいた理由を調べてみたいと思います。

なぜ相沢さんは水谷容疑者の自宅マンションにいたのか?

水谷容疑者と相沢さんは元同僚だったようです。

事件の約3ヶ月前に、水谷容疑者がその会社を去ったようですね。

もともと二人はお付き合いをされていたような親密な関係があったと噂されていますが、基本的には水谷容疑者は相沢さんのことを付き合っていると認識し、相沢さんは同僚だと思っていたようです。

ここですでに大きなすれ違いがありましたね。

そして、水谷容疑者は45歳、相沢さんは37歳です。

8歳も年下の彼ができたと、水谷容疑者は喜んだのかもしれません。

一方は付き合っていると思い込み、もう一方はただの同僚だと思っている・・・。

そして、水谷さんは相沢さんのいく先々について回ったそうです。

これって、もうストーカーですよね。

相沢さんのご家族からは、このようなコメントが出されています。

遺族に「あの女に下手すると刺し殺される。いつ襲われてもおかしくない」と話していた相澤さん。遺族によると、死亡した相澤さんと水谷容疑者は会社の元同僚で、水谷容疑者は相澤さんに付きまとっていたという。相澤さんは「交際相手ではなく知り合い」の認識だったが、水谷容疑者は自身と相澤さんが付き合っていると思い込んでいた。https://news.yahoo.co.jp/articles/4b86f8f17b7f2af66dd69ce01c8bee4f83c5bfc2

思い込みって、怖いですね。

では、なぜ午前3時に相沢さんは水谷容疑者の自宅マンションにいたのでしょうか。

遺族の証言】「(相澤さんが)『終わりにしたい』と言っていたら、何とか離れてくれるかと思ったら、逆に相手がそれ以上にひどく付きまといというか(息子は以前)もし俺が死ぬときは刺されるときだって(言っていた)」https://news.yahoo.co.jp/articles/4b86f8f17b7f2af66dd69ce01c8bee4f83c5bfc2

相沢さん自身は付き合っているという認識はないけれども、相手の思い込みを覚ますには『終わりにしたい』というしかなかったということですね。

で、終わりにしたいと言いに、最後に水谷容疑者に会いに行ったというのが、この日だったのかもしれません。

彼女だと思い込んでいる水谷容疑者は、晩御飯などを用意して相沢さんを自宅でお出迎えしたのかもしれません。

なかなか言い出すに言い出せない。

そして、帰ろうにも帰れそうにない・・・。

そして、とうとう『終わりにしよう』と伝えたが最後、このような事件に巻き込まれてしまった相沢さんなのかもしれません。

なんて、悲しい。

なんて、残酷な。

なんて、無慈悲な。

相澤さんは身の危険を感じながら、なぜ水谷容疑者と会ったのだろうか。今回の事件について遺族は「何も考えられない」と心境を吐露している。https://news.yahoo.co.jp/articles/4b86f8f17b7f2af66dd69ce01c8bee4f83c5bfc2

ご家族の悲痛な叫び声が聞こえてくるようですね。

あってはならない事件が起きてしまったように思います。

生前の相沢さんがご家族に話された内容を見る限り、相沢さん自身が、このような事件が起きるかもしれないことを、もちろんあるわけないと思いながらもどこかで予知されていたのかもしれません。

まとめ

これまでの経緯をまとめたものを見ると、相沢さんは水谷容疑者の思い込みを解くために『終わりにしよう』とわざわざ彼氏や彼女の設定に身を置いたのかもしれません。

二度とこのような悲しい事件が起きませんように。