武井俊輔議員(自民党)の車が当て逃げ確信犯か?車検切れで無保険運転!

2021年6月9日、武井俊輔衆議院議員(自民党)の乗る車が当て逃げをしたとのニュースが飛び込んできました。

なんと、車検切れの車に無保険運転だったそうです。

今回は、この事件をまとめてみようと思います。

武井議員(自民党)の車が当て逃げ確信犯か?

事故があったのは、東京の六本木だったようです。

8日午後6時すぎ、港区六本木の路上で、自民党の武井俊輔衆議院議員の60代の男性秘書が運転する乗用車が大通りから左折する際、50代の男性が乗る自転車にぶつかる事故を起こしました。引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2f1bc9b6b38e080bc373291582ab08b8c8dd2fa3

今回、当て逃げしたことが発覚したのは、なんと当て逃げされたこの自転車に乗っていた50代の男性が、ぶつかっても車を止めず先へ進む武井議員の車を、なんとぶつかった後に自転車で追いかけたそうです。

ということは、大きな事故ではなかったといえますが、車と自転車ですから当たったら怖いですよね。

そして、この自転車に乗る当てられた男性は、武井議員の乗る車を追っかけたのちに止めたそうです。

当たったのに車も止めずに進むから、怪我はしていなかったけれど腹が立ったのかもしれませんね。

その車には、武井議員も乗っていたそうです。

男性に怪我はなかったのが不幸中の幸いです。

車検切れで無保険運転!

自転車に乗っていた男性と、武井議員の乗る車がぶつかったことにより警察を呼んだのでしょう。

そこで武井議員の乗っていた車が車検切れだということが判明。

さらには、車の保険にも入っていなかったことが分かりました。

保険なしの車を運転して、今回のような事件を起こしてしまったとなれば、相手型に対する賠償も全て実費になりますよね。

さらに、警視庁は道路交通法違反の疑いで取り調べが始まっているようです。

もしも、車や人に自分の運転する車が当たってしまったら、すぐに警察や消防に連絡をして怪我人がある場合は救急車を呼ぶなどの対応をする必要があります。

何があっても逃げる、逃走する、知らんぷりは、後々災難が降りかかってきますよ。

その自転車に乗っていた男性が無傷だったのは本当に良かったですね。

武井議員の秘書は、2年前には飲酒運転をしたそうです。

飲酒運転をした人に、また運転を頼むなんてびっくりですね。

まとめ

武井議員の乗る車が左折する際に、自転車に乗る50代の男性とぶつかり、そのまま走行。

今回は、自転車に乗った人も大事にいたらず、ご本人がその車を追跡したことにより、その車が武井衆議院議員のものだということが分かりました。

そして、その車がなんと無保険で、車検も切れていた!のです。