闘莉王(田中マルクス闘莉王)の現在は?引退後の仕事は実業家で稼いでいた!年収は?

2021年6月5日のサッカー『U-24 国際親善試合 日本×ガーナ』の解説者として登場した元日本代表・プロサッカー選手の闘莉王(田中マルクス闘莉王)さん。

2019年12月1日に現役引退してから、現在に至るまでどんな仕事や活動をしているのか?どこを拠点としているのか?気になりますよね。

今回は、そんな闘莉王さんの引退後の現在について調べてみました。

 

闘莉王(田中マルクス闘莉王)の現在はYouTuber

引退後、闘莉王さんはYouTuberとして2020年3月24日から『闘莉王TV』というチャンネルを開設し、動画配信をスタートさせます。

ジャンルは主にサッカーについてですが、引退から約3ヶ月で新たな活動を始める闘莉王さんは本当にアグレッシブですね!

 

『闘莉王TV』では、サッカー選手仲間との裏話や意外な性格を話してくれていたり、闘莉王さんの日常を流していたりと、サッカーファンにとっては楽しめる内容です。

 

 

闘莉王(田中マルクス闘莉王)のYouTuberの年収はいくら?

そんな闘莉王さんのチャンネルは現在チャンネル登録者数が4.7万人。再生回数も600万回を超えていて、収益化もされています。

 

闘莉王さんのYouTuberとしての年収は約50万円ほどと言われています。

これで稼ごう!と言うよりは、引退後の日常を伝えたり、広告がわりにしたり、娯楽として…といった稼ぎとは別の目的でやっていそうですね!

引退後も闘莉王さんは、今回のようにサッカー解説の仕事も今後も入ってくる可能性もありますし、実は別の仕事もしています。

 

闘莉王(田中マルクス闘莉王)はブラジルで実業家は本当?!

引退後、闘莉王さんは拠点をブラジルに移しています。

ブラジルと日本の二重国籍を持つ闘莉王さんですが、やはり生まれ育った地元はブラジルということで、現在はブラジルで大農場を経営するなどして、ブラジルの友人との楽しい生活をYouTubeでも配信しています。

サッカーだけでなく、引退後はロデオにハマっているそうで、ブラジルでは有名なロデオの大会『バレルレーシング』の出場に向けて日々鍛錬をしているとか。

 

他にも、友人が経営している果樹園に行ったり、ブラジルの地元の友人とGo Pro装着しながらガチの草サッカーの様子や、ブラジルならではのご飯を紹介したり、焼肉をバクバク食べているシーンなど、現役時代ではなかなか見られなかった一面が垣間見える動画も多いです。

 

まとめ

サッカー解説同様、とてもストレートな物言いや自然体が魅力的な闘莉王さんの動画。

動画更新や引き続きサッカー解説で姿が見られるなど、闘莉王さんの今後のご活躍が楽しみですね!