紀州ドンファンは須藤早紀容疑者を捨ててミス・ワールドと再婚するつもりだった?

紀州のドンファンこと野崎幸助氏が2018年5月に亡くなられて3年の月日が過ぎました。

須藤早紀容疑者が逮捕されてから様々な憶測が飛び交っています。

そんな中、実は野崎氏はすでに須藤容疑者を見限り、他の女性と結婚する意志があったとの話がここにきて出てきました。

夫の葬儀当日にも笑顔でスマホを見ている女性。。

それが須藤容疑者をどんな人物だったか物語っていますよね。野崎氏は一切の思いやりがなく、自分の東京の自宅にばかりいる須藤容疑者のことを、実はとっくに見限っていたのかもしれません。

 

野崎氏が電話で伝えた言葉「もう別れてください。」

これは須藤容疑者が言った言葉ではありません。

野崎氏の社員が耳にした、野崎氏が言った言葉とのことです。

そして野崎氏に女性を斡旋していた「交際クラブ関係者」の証言としてこんな話が出てきていました。

「野崎氏が須藤容疑者と結婚してからも、定期的に女性を紹介していた。」
その中にAさんという女性がいた。当時25歳、身長173㎝の美女でした。

そのAさんを、野崎氏は愛犬イブちゃんのお別れ会にも招待していたそうです。

須藤容疑者という妻がありながら、大事な愛犬のお別れ会にその女性を呼ぶ。。それって結構決定的な事実ですよね。

Aさんと知り合ったのは4月で、野崎氏は東京に行くたびにAさんと会っていたそうです。きっと須藤容疑者にしたように、お金をばんばん使い、「月100万円用意する」ことなど伝えていたのは想像できますね。

 

紀州ドンファンはAさんに心変わりをし、離婚を真剣に考えるように。

よく出てくるエピソードに、「足の悪い野崎氏と食事に出かけた時でも、須藤容疑者はさっさと自分だけ車を降り、先にレストランに入っていったことに驚いた。」これは野崎氏の友人の証言ですが、そういった話はたくさん出てきます。

先日2ショット写真が公開されて騒がれた東野幸治も、「自分は座ったまま全然動かないので違和感を感じていた。」と話していました。

東野幸治は、野崎氏の生前、野崎氏の著書を宣伝したことからつながりができたそうですね。
野崎氏から「食事でも。」と誘われていたのに変死事件があり、それが叶わなかった。なのでお線香でも。。と野崎氏の自宅に行った際に撮った写真だったそうです。

とにかく、そんな女性と暮らしていたら、お金持も地位もあるドンファンが嫌気がさすのは当然ですよね。

 

ミス・ワールド=Aさんという女性とは?

Aさんは都内でジムインストラクターをしている女性ということでした。

野崎氏は彼女のことを「ミス・ワールド」と呼んでいたそうです。ミス・ワールドのファイナリストに残ったことがあるそうです。

そのため上記のような性格の須藤容疑者に嫌気がさしていた野崎氏は、「ワシはあの女と別れてミス・ワールドと結婚する。」と会社の従業員に伝えていたようです。これが4月ごろの話でした。

実際にAさんに交通費として20万円ほど振り込んでいることも会社の振込記録に残っていたそうです。

ですが週刊誌がAさんのもとに取材に行くと「野崎さん?そんな人知りません。」と取材を断られたという話も伝えられています。事件に関わっているように思われるのも困るでしょうし、交際クラブに所属していたこともバレてしまいますからね。

 

須藤容疑者が焦った理由は月100万円がもらえなくなること?

そうなってくると須藤容疑者にも焦りが生じたのでないでしょうか。

月100万円もらっていても、ホストクラブなどの豪遊で全然足りなったようですね。そればかりか離婚したら13億ともいわれる遺産も自分の懐には入りません。

須藤容疑者は野崎氏が亡くなる1ヶ月くらい前から自動車学校に通いだしました。

そして5月になって「大阪に行く。」と車で出て行ったことが野崎氏の会社の元従業員の証言でわかっています。
須藤容疑者が大阪から戻って間もなくの5月6日に愛犬が変死、24日には野崎氏本人が亡くなってしまいました。

和歌山県警が須藤容疑者のスマホを解析してわかったこと。須藤容疑者は大阪で服役中の覚せい剤の売人とSNSで連絡を取っていたようです。

こんな風に時系列でみていくと、すべてのつじつまが合うように思うのはわたしだけでしょうか。

 

愛犬イブちゃんと、野崎氏の冥福をお祈りいたします。

 

須藤早貴(すどうさき)が喪主を務めた紀州ドンファンの葬儀の動画も・その実態は?