紀州のドンファン(野崎幸助)が生前最後に食事した高級料亭はどこ?推測してみた

紀州のドンファン事件で連日注目を集めている、故・野崎幸助さんが、高級料亭で食事をしていたというニュースが入ってきました。

そこで今回は、和歌山県田辺市に範囲を絞り、野崎幸助さんが生前最後に食事をした高級料亭はどこなのかを調べてみました。

野崎幸助が生前最後に食事した高級料亭はどこ?推測!

野崎幸助さんと言えば、大変なお金持ちなので、過去には都内ホテルの超高級割烹料亭を利用されていたという話もあります。

しかし今回、紀州のドンファンこと野崎幸助さんは、事件が起こる前日に体調不良で人間ドッグを受診していたらしいので、そのような方が、都内の超高級割烹料亭での飲食は移動距離があることから厳しいのではないのかなと思いました。

となると、おそらく野崎幸助さんのご自宅から近い場所を利用されたのではないかと考え、予算を1万円以上に設定して食べログで探してみたところ、3件の飲食店が見つかったのでご紹介します。

ベーカリーレストランKOKAGE(コカゲ)

和歌山県田辺市上万呂65-11にある「ベーカリーレストランKOKAGE(コカゲ)」というお店も、紀州のドンファンこと、野崎幸助さんのご自宅がある、和歌山県田辺市朝日ヶ丘から車で8分の距離なので、ご自宅から割と近いお店になります。

ランチもやっていますが、ディナーは1日1組とのことなので、とてもこだわりのあるお店です!

お魚料理やお肉料理などのスペシャルコース料理が味わえるそうですよ。

料金は、1万円前後のようです。

寿司割烹よしひさ

和歌山県田辺市湊100にある「寿司割烹よしひさ」というお店は、紀州のドンファンこと、野崎幸助さんのご自宅がある、和歌山県田辺市朝日ヶ丘から車で5分の距離にあります。

料金も1万円~1万5千円と、今回調査した3つの中では一番値段が安かったです。

店内はカウンターと小上がりが1つの作りになっていて、少し狭めのお店とのことです。

お任せの握りずしや、小鉢のイクラなど、お料理はどれも美味しいんだそうですよ!

メニューは全て時価で、値段提示がないとのことなので、やはり高級なお店ですね。

召膳 無苦庵

和歌山県田辺市高雄2-16-30にある「召膳 無苦庵(シゼン ムクアン)」は、紀州のドンファンこと、野崎幸助さんのご自宅から車で2分の距離にある、完全オーダーメイドの料理が食べられるお店です。

これまでご紹介してきた2店舗と比べ、野崎幸助さんのご自宅から最も近いお店になります。

こちらのお店は、完全予約制になっていて、さらに食材の準備の関係上、当日予約はほぼ不可となっています。

そして、お支払いは現金のみ対応しているという、結構ルールがたくさんあるお店なのですが、それだけこだわりの強いお店ということですね!

基本が1万円のコースとのことなので、希望の食材などがあったら、それに応じて金額が増えそうですね。

最初にご紹介した「ベーカリーレストランKOKAGE(コカゲ)」は、個人的な意見としては若者向けな感じがしたので、野崎幸助さんは「寿司割烹よしひさ」や「召膳 無苦庵(シゼン ムクアン)」などの和食系のお店の方が利用することが多かったんじゃないのかなと推測しました。

まとめ


野崎幸助が生前最後に食事した高級料亭を、予算1万円以上でかつ野崎幸助さんのご自宅から近い高級料亭3店舗に絞り、推測してみました。

ここのお店だ!と断定することはできませんでしたが、今回ご紹介した3店舗はいずれも野崎幸助さんのご自宅から車で10分ほどの距離にあり、お値段も高めなので、紀州のドンファンこと、野崎幸助さんが利用されていたかもしれませんね!