高橋洋一さざ波発言の意図は?言い出したのは木村盛世?更迭される?

高橋洋一さんが、Twitterで世界のコロナウイルスの感染状況のグラフを引用し、ツイートした内容が大炎上しています。

高橋洋一さんは、経済や財政政策の内閣官房参与を務められていて、東京にある嘉悦大学の教授もされている方です。

そこで今回は、

・さざ波発言のツイートにはどんな意図があった?

・最初にさざ波と言い出したのは木村盛世さんって本当?

・高橋洋一さんは、更迭される?

以上のことについて見ていきたいと思います!

高橋洋一のさざ波発言にはどんな意図があった?


高橋洋一さんがTwitterにツイートしたさざ波発言に批判が殺到していたので、この発言にはどんな意図があったのかを調べてみました。

上記のツイート画像は、インド、フランス、カナダ、ドイツ、イタリア、アメリカ、日本、イギリスの8か国のコロナウイルスの感染状況のグラフなのですが、このグラフの曲線を見て、高橋洋一さんは「日本はこの程度のさざ波」だと発言されたようです。

確かに、他の7か国と日本のグラフの曲線を比較すると、感染状況が低いという見方が出来ます。

このことから、高橋洋一さんは、上記画像のグラフを用いて、日本は世界と比べると感染状況が低い分類になるんだよということを、伝えたかったのではないか?と思いました。

ただ、日本は新型コロナウイルスで亡くなっている方が1万人以上いるのに、「この程度」の感染状況だと言ってしまうのは、死者が出ている状況で発言は控えたほうが良かったのでは?と個人的には思いました。

そして、「これで五輪中止とかいうと笑笑」と言う発言ですが、文末に「笑笑」を付けていることで、余計に国民感情を揺さぶったのではないかと思われます。

以上のことから、高橋洋一さんのさざ波発言をした意図は、今回の日本の感染状況は低いから、五輪中止とか冗談だよね?開催できるっしょ?という思いがあったからなのではないかと推測しました。

世間の声は?


今回の高橋洋一さんのさざ波発言を受けて、世間ではどんな声が上がっているのか調べてみました。

オリンピックは日本で行われるかもしれないけれど、世界中の人が日本に集まることだし、高橋洋一さんは、菅総理大臣の相談役でもあるし、非常勤だけれども国家公務員なので、色々な物事を発言していく場合は、気を付けないといけないから大変だなと思いました。

最初にさざ波と言い出したのは木村盛世?


さざ波発言で叩かれている高橋洋一さんですが、最初にさざ波と言い出したのは、木村盛世さんだと言われていますが、それはどうやら本当のようです。

木村盛世さんも、まさか自分が使っていた言葉が、高橋洋一さんが使ったことによって、大炎上するとは思ってもみなかったようで、木村盛世さんご自身も、びっくりされていました。

高橋洋一は更迭される?


高橋洋一さんは今回のさざ波発言の炎上によって、更迭されるのでは?という話があるのですが、どうなのでしょうか?

現に、「#高橋洋一内閣官房参与の更迭を求めます」というハッシュタグがTwitterのトレンド入りを果たし、注目を集めています。

今回のさざ波発言に関して、菅首相は明言を避けているそうで、それも相まってますます高橋洋一さんの更迭運動が加速しています。

まとめ


今回の高橋洋一さんのさざ波やオリンピックに関する発言で大炎上し、騒ぎになっています。

もともと木村盛世さんが使っていた言葉なのに、使う人によってこうも反応が異なるとは驚きました。

高橋洋一さんの更迭運動が起こっていますが、どうなるかは今後の動きに注目していきたいと思います。