発見されたアミメニシキヘビの今後はどうなる?引き取り先や管理はどこ?

横浜で長らく捜索されていたアミメニシキヘビが発見されましたね!

これで、どこに巨大なヘビが潜んでいるのかと、神経をとがらせていた近隣の方やマンションの住人の方々も一安心ですね!

そこで、見つかったアミメニシキヘビは今後どうなるのか、引き取り先や管理先はどこになるのかについて調べてまとめてみました!

今後どうなる?


見つかってホッとしたものの、アミメニシキヘビの今後を心配する声が上がっています。

本当に今後どうなってしまうのでしょうか?
アミメニシキヘビの今後について、いくつか説があったので、ご紹介します。

飼い主に返還説


今回、これだけ世間を騒がせたので、飼い主に変換される可能性は低いかな?って思いました。

殺処分説


個人的にはアミメニシキヘビは悪いことはしていないので、殺処分するのはあまりに可愛そうだと思ったのですが、アミメニシキヘビを殺処分しろ!という声もあるようです。


飼い主に返還される事はゼロに近いと思われますが、前述のツイートにもあったように殺処分という物騒なキーワードも上がっています。

施設へ引き取られる説


今回のアミメニシキヘビの捜索には、iZooという国内最大級の爬虫類などを展示している動物園の白輪剛史園長が参加していたことから、iZooに引き取られるのでは?という話もありました。

以上の声がネットであげられていたのですが、結局どこに引き取られて管理されることになるのでしょうか?

次の章で見ていきましょう!

結局どこで管理される?引き取り先は?


この記事を作成している途中で発表されたことなのですが、アミメニシキヘビの今後は横浜市で管理されるとのことでした。

ただ、現段階で「横浜市で管理」という情報しかないため、横浜市のどこに引き取られて管理されるのかについて推測してみました。

アミメニシキヘビを管理する設備が整っている場所はどこかと考えた結果、単純ですが動物園が適切なのでは?と考えました。

そこで、横浜市内の動物園でヘビなどの爬虫類を扱っている園がないかを探してみたところ、1件ありました!

その動物園は、横浜市西区にある、野毛山動物園だと推測されます。

ちょうど今は、野毛山動物園にアミメニシキヘビは飼育されていないとの情報もあるので、良い機会なのかな?と思いました。

戸塚区から野毛山動物園のある西区は、少し距離があるものの、すごく離れているわけでもないので、アミメニシキヘビを移動させるのも可能な距離なのではないかと思われました。

横浜市内には野毛山動物園の他にも動物園があるので、そちらで管理される可能性もあるため、あくまで参考程度になさってください。

まとめ


横浜市戸塚区で長期間に渡るアニメニシキヘビの捜索の結果、無事に見つけることが出来てよかったですね!

今後、アミメニシキヘビが管理されるのは横浜市ということなので、あくまで推測という形で野毛山動物園ではないか?という説を出させていただきましたが、情報に変更があり次第更新していきます!