カップヌードルにフタ止めシールってあった?ある商品とない商品の違いは?

カップヌードルの蓋止めシールが廃止されることが話題になっています。

フタ止めシールって付いている商品と付いていない商品があったような気がしたので、フタ止めシールがある商品とない商品の違いを調べてみました。

カップヌードルにフタ止めシールってあった?


カップヌードルのフタ止めシールの廃止のニュースを見た方々が、フタ止めシールってあったっけ?と疑問の声をあげていました。

カップヌードルのフタ止めのは、30年くらい前には存在していたようで、当時は紙製だったそうです。

私は紙製のフタ止めは知りませんが、フタ止めシールなら見たことがあって、カップヌードル容器の底にあったと記憶しているのですが、シールをはがそうとするとビニールのパッケージがくっついてきてしまって、上手く剥がれなかったし、フタ止めシールの役割をはたしていなかったような記憶があります。

個人的にはシールをうまく剥がすのが面倒だったのと、カップヌードル容器の底にシールが付いていないタイプばかりを買っていたので、蓋の上にお箸をおいて3分待つことが多かったです。

カップヌードルは良く食べているのに、ぶっちゃけフタ止めシールにあまり出会ったことがないって、そんなことあるんでしょうか?

皆さんは、フタ止めシールを見たことはありますか?

では次に、カップヌードルのフタ止めシールがある商品とない商品について見ていきましょう!

カップヌードルにフタ止めシールがある商品は?


フタ止めがあるカップヌードルは、今までだとレギュラーサイズのカップヌードルと、ビッグサイズのカップヌードルに付いているとのことでした。

しかし、今回のフタ止めシールの廃止に伴い、フタ止めシールがレギュラーサイズのカップヌードルからなくなるとのことです。

引き続き、ビッグサイズのカップヌードルにはフタ止めシールが付いてくるそうですよ!

レギュラーサイズのカップヌードルのお値段は150円ぐらいと、個人的には少し高めの価格だったと思います。
ビッグサイズのカップヌードルは買ったことがないのですが、確か200円ぐらいはしていたような気がします。
では、次にふた止めシールがないカップヌードルについて見ていきましょう!

カップヌードルにフタ止めシールがない商品は?


フタ止めシールがないカップヌードルは、2種類あります。

・あっさりおいしいカップヌードルシリーズ

・ミニサイズのカップヌードルシリーズ

この2種類は、フタ止めシールが付いていないとのことです。

なるほど!

私がカップヌードルを良く食べるのに、フタ止めシールを見たことがなかったのは、あっさりおいしいカップヌードルシリーズを購入していたからなんですね!

あっさりおいしいカップヌードルシリーズは、通常のカップヌードルよりもお値段が100円前後ぐらいとお手ごろで、内容量が通常よりもちょっと少ないタイプになります。

カップヌードルが食べたいけど、カロリーなどが気になる女性向けの商品なのかなって思いました。

フタ止めシールの有無の違いは?


カップヌードルは、ビッグサイズは除いて、通常の容器の大きさのカップヌードルでは、同じ容器の大きさでも内容量が通常タイプ(レギュラーサイズ)のものと少ないタイプ(あっさりおいしいカップヌードル)のものがあり、値段も販売店によりますが、50円ぐらいの差があります。

ということを考えると、値段が高いカップヌードルである、レギュラーサイズやビッグサイズには今まで付いていたって事になりますね!

おそらく、値段を安くするためにあっさりおいしいカップヌードルシリーズにはフタ止めシールがなかったのだと推測しました。

まとめ


今回、カップヌードルのフタ止めシールが廃止されるとのことでしたが、レギュラーサイズのカップヌードルのみ、フタ止めシールが無くなるということですね!

元々、ミニサイズやあっさりおいしいカップヌードルシリーズには、フタ止めシールが付いていないとのことでした。

そして、ビッグサイズのカップヌードルには引き続きフタ止めシールが付いてくるようなので、フタ止めシールが廃止と言っても、全商品のフタ止めシールが廃止されるのではないのですが、それでも今までと比べたら、プラスチック削減のエコになると思いました。