南明奈(アッキーナ)死産した理由や原因は?流産との違いも!

タレントの南明奈(アッキーナ)さんが死産されたという悲しいニュースが入ってきました。

南明奈(あっきーな)さんだけでなく、旦那さんの濱口勝さんもさぞかし悲しんでいることでしょう。

南明奈さんが死産された理由や原因、流産との違いが気になったので調べてみました!

南明奈(アッキーナ)が死産の理由や原因は?


南明奈さんが妊娠7か月にして死産されてしまったそうです。

妊活の末にやっと授かった命だけに、赤ちゃんが天国へ旅立ってしまったのはとても悲しいことですよね。

ところで、妊娠7か月での死産ってどんな理由があったのでしょうか?

死産とは、妊娠12か月(4か月)以降にこの世を去る赤ちゃんの出産のことです。

死産は100人に1人の割合で起きるらしいです。

妊娠7か月目だとお腹が大きくなってきて、体重やむくみなどを気にして身体を動かしたいけれども、動くのが大変になってくる時期ですよね。

お腹の中の赤ちゃんが大きくなっているのを感じて、生まれてくるのを楽しみに待っていた中での死産だったので、よっぽどショックが大きかったと思われます。

一般的に死産の理由は、原因不明だと言われているので、おそらく南明奈さんの赤ちゃんが死産してしまった理由も同じ理由なのではないかなと推測します。

赤ちゃんが、パパとママの子どもに生まれてくるのはもう少し先にするね!と、空へ旅立っていったのではないのかなと思いました。

流産との違いは?


死産とは前述したとおり、妊娠12か月(4か月)以降にこの世を去る赤ちゃんの出産のことです。

一方、流産は妊娠22週未満でお腹の中の赤ちゃんが外に出てきてしまうことを言います。

流産には色々なケースがあります。

お腹の中の赤ちゃんが亡くなってしまっている稽留流産や、赤ちゃんを含めた子宮の内容物が全て自然に出てしまう完全流産、子宮の内容物が出てきているけれど、一部残っている不全流産などがあります。

私は過去に稽留流産を経験したことがありますが、お腹の中で赤ちゃんの心臓が止まっているという自覚は全くなくて、非常にショックを受け1週間ぐらい泣きました。

流産は、赤ちゃん側の原因が多いと言われています。

私も流産した時に、ショックが多くて茫然としていたのですが、あなたのせいじゃないよとお医者さんや看護師さんに何度も言われました。

あっきーなさんも精神的に参っていると思われるので、夫の濱口勝さんが優しく支えてくれると良いなって思いました。

まとめ


会うのを楽しみにしていた赤ちゃんが自分のおなかの中で亡くなったというのは、想像以上にとても悲しいことです。

生まれてくるのって、奇跡に近いことなんじゃないかって思います。

南明奈(アッキーナ)さんも今回のことでショックが大きいでしょうから、ゆっくりと時間をかけて心身を癒して前を向いて行ってほしいなと思っています。