適応障害の診断された芸能人、有名人まとめ!復職やその後は?

医療記録と書かれた紙

タレントの深田恭子さん(深キョン)が、
適応障害で休職するとのニュースが話題になりましたね。

辛いだけのストレスでなく、進学や就職、転職、昇進、結婚など環境の変化でも起きるそうです。
幸せな状態でも、ストレスに感じることはありますよね。

そこで、これまでに適応障害と診断され、公表された
芸能人や有名人のその後を調べて見たいと思います。

脚本家の北川悦吏子(きたがわ・えりこ)さんも適応障害だった

人気脚本家の北川悦吏子さんが、深田恭子さんのニュースに合わせて
自身も適応障害だったことを公表されていました。

今は回復したようで、よかったですね。

ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんも適応障害だった

2019年6月の闇営業問題からの無期限謹慎処分の最中
適応障害を発症した田村亮さん。
2020年1月30日に芸能活動を再開しました。
復帰後のライブではストレスから来る歯ぎしりで奥歯が折れたこと、
自宅のソファに左足をぶつけ、足の指を2本骨折していたこと
などをネタにして、笑いをとったようです。

声優の石井マークさんも適応障害だった

声優の石井マークさんが、適応障害を公表したのは2019年12月27日です。
事務所を退所し、療養のため声優活動を無制限に休止するとの発表でした。

石井マークさんには発達障害の傾向があったそうです。

「事務所のスタッフではなくジャストプロの子会社スタッフに対する不信感から、以前より自分自身でも発達障害の傾向を感じる場面が続き」と、仕事上のストレスがあったと主張。その上で「そこからくるストレスも相まって、11月頃から緊張やストレスを感じる状況下に置かれると、喋っている途中で言葉が詰まったり、喋ろうとしていたことが急に飛んでわからなくなり、それをカバーしようと考えるとパニックになるという事が続きました」と症状を説明した。
出典:日刊スポーツ

その後、事務所を移籍し2020年7月1日活動を再開しました。
現在は声優とナレーターの事務所アクセントに所属しています。

元乃木坂46の中元日芽香(なかもと・ひめか)さんも適応障害だった

2017年1月28日、体調不良のため、芸能活動の休止を発表しました。
2017年8月6日には、乃木坂46を卒業することも発表し、
仕事量を調節しながら12月16日まで芸能活動を続け、乃木坂46を卒業しました。

乃木坂46のオーディションに合格し、アンダーメンバーとしてデビューしたのは、2012年。
以来、選抜メンバーに選ばれるために、「頭の中は仕事が10割」という日々を過ごす。歌を歌い、踊るのは楽しい。しかし、トップアイドルでいる責任感に、気づかぬうちに追いつめられていた……。
そして、選抜メンバーに選ばれたのち、「最近、仕事どう?」と友人に聞かれ、「たのしいよ」と答えられない自分に気づく。
これをきっかけに、リハーサルに出られなかったり、携帯電話に出られない状態に陥った。
出典:© M-ON! MUSIC

2018年11月20日、心理カウンセラーとして活動することを発表し、
12月にはカウンセリングサロン「モニカと私」を開設しています。
中元日芽香さんは現在、心理カウンセラーとして、
かつての自分のように苦しんでいる人たちと向き合っています。

元TBSアナウンサー小林悠さんも適応障害だった

小林悠(こばやし・はるか)さんが適応障害を公表したのは
2016年3月でした。(当時30歳)
NEWS23出演決定直後に「健康上の理由」ということで出演を取りやめ、
2016年3月4日にTBSを電撃退社し、さまざまな憶測が飛び交いましたが
退社理由は適応障害によるものでした。

退社後は、芸能界とは距離を置いているようですね。

まとめ

さまざまな要因から、いつ、誰にでも
発症する可能性のある適応障害。
環境を変えることで、半年くらいで復帰できる方もいるようですね。

深田恭子さんが、辛い状態から1日でも早く回復されることを祈ります。

 

深田恭子(深キョン)が降板した新連続ドラマのタイトルは何?【2021年7月期(夏)フジテレビ】

深田恭子(深キョン)休養でドラマ降板!連ドラ代わりに抜擢されたのは誰?

深田恭子(深キョン)病気の原因は彼イケメン実業家杉本宏之と破局?仕事や年収と離婚歴が驚き!

深田恭子(深キョン)心療内科通いで彼・杉本宏之と秒読み結婚へ?妊娠の可能性や子供は?

【深田恭子(深キョン)活動休止理由】病気(適応障害)の症状は?療養はいつまでで復帰目途は?