竹田純代(家政婦)の若い頃と現在!共犯の可能性は?元夫が黒幕との噂も

竹田純代(家政婦)の若い頃と現在!共犯の可能性は?元夫が黒幕との噂も

紀州のドンファンこと、野崎幸助さん殺害の容疑で、須藤早貴容疑者が逮捕されました。

世間の注目は、須藤早貴容疑者に集まっていますが、家政婦の竹田純代さんは現在どうなっているのか?共犯の可能性はあるのか?

気になるという声もありましたので、現時点でわかっている事をお伝えしていきたいと思います。

 

<須藤早貴容疑者についてはコチラの記事もよく読まれています。>

【特定】須藤早貴(すどうさき)は丘珠高校出身!中学校も卒アル制服から判明!実家住所はここ!

 

竹田純代(家政婦)はどんな人?

家政婦で野崎幸助さんが亡くなっていたのを最初に発見したとされている、竹田純代さん。

いったいどんな方なのでしょうか。まとめてみました。

・本名:竹田純代(たけだすみよ)
・生年月日:1952年
・年齢:69歳(2021年現在)
・出身地:和歌山県田辺市
・仕事:秘書兼家政婦
・家族構成:娘1人と元夫
・元六本木ホステス

30年ほど前、六本木のクラブでホステスをしていた際に、野崎さんと出会ったようです。

竹田純代(家政婦)は野崎幸助氏の愛人だった?

自身が「美女4000人にのべ30億円を貢いできた」と語っている通り、たくさんの女性と関係があった野崎氏。

莫大な財産も所有し、魅力的な女性が常に周りにいた野崎氏と約30年間もの長い付き合いがあり、更に、「秘書兼家政婦」として亡くなる直前まで自分のそばにいさせたという事実からみても、野崎氏にとって竹田純代さんは「特別な女性」だったことは間違いありません。

また、事件当時66歳という年齢だった竹田純代さんですが、鼻筋が通っていてきれいなお顔立ちだったので、野崎さんと知り合った30代のころはよほどお綺麗だったと思います。

そんな竹田さんを女性好きな野崎さんが放っておくとも考えづらいのではないでしょうか。

竹田純代(家政婦)の若い頃の画像は?

ホステス時代は相当美人だったのではないかと思われる竹田純代さん。

若い頃の画像や写真の情報を探しましたが、見つかりませんでした。

しかし、竹田さんの実の娘であり、シンガーソングライターのAKAIさんのお顔を見てみると、スタイル抜群のきれいな方です。

画像はコチラ

もしかすると親子なので、竹田純代さんの若い頃に似ているのかもしれませんね。

 

竹田純代(家政婦)の現在は?

竹田純代さんが家政婦として働いていた雇い主の野崎さんが亡くなり、現在竹田さんはどうしているのでしょうか?
噂によると、現在は知り合いの居酒屋で手伝いをしているとの事でしたが、詳しいお店の名前や事実関係はまだ情報が出ていません。

 

竹田純代(家政婦)が共犯の可能性は?

今までテレビのインタビューなどを何度も受けている竹田純代さん。

事件に関与したかどうかについては、一貫して「関わっていない」と主張しています。

しかし、当時22歳の元妻・須藤早貴さんが一人ですべての犯行をこなすことができたのでしょうか?

また、この竹田純代さんと須藤早貴さんは年齢差や、一緒に過ごした期間が少ないにもかかわらずとても仲のいい様子だったという話もあり、「共犯なのでは?」という目が向けられているのかもしれません。

 

 

竹田純代(家政婦)の元夫は暴力団員?覚せい剤で逮捕歴があるって本当?

事件当時のニュースでも取り上げられていましたが、竹田純代さんの元旦那さんは元暴力団員で、覚せい剤で過去に3度の逮捕歴があるようです。

そのような背景から、今回大量の覚せい剤によって死亡した野崎さんの事件にも、共犯としてかかわっているのではないかという噂が浮上したのですね。

 

竹田純代(家政婦)の元夫が黒幕ではないかとの噂

上記でもお伝えした通り、竹田純代さんの元夫はが覚せい剤で過去に3度逮捕されていることから、今回の事件は竹田純代さんの元夫から覚せい剤を入手し、元妻の須藤早貴容疑者と竹田純代さんが共謀して野崎さんを手にかけた。本当の黒幕は元夫だという噂が広まっています。


しかし、実際は、野崎氏が亡くなっても竹田純代さんはもちろん、元夫に遺産が入るわけでもなくなんのメリットもありません。

所詮、噂は噂。という事でしょうか。

 

ただ、須藤早貴容疑者と、とても仲が良かったと言われている竹田純代さん。

ふたりの間で、「この計画が成功したら、さっちゃん(須藤早貴容疑者)に入った遺産を分けようね」なんて話し合いがあったのなら、また別ですが。。

真相はまだわかっていません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、野崎幸助さんの家政婦をしていた竹田純代さんについてお送りしました。

竹田さんは今回の事件に関与している可能性は「ない」と一貫して否定しています。

実際のところはどうなのか、今後も注目していきたいと思います。