和歌山カレー事件の林真須美は再審で無罪に?生田弁護士が発見した新証拠や真犯人とは?

毒物カレー事件の林真須美死刑囚は冤罪?生田弁護士が発見した新証拠や真犯人は?

和歌山県和歌山市で、1998年に発生した毒物カレー事件において、死刑が確定している林真須美死刑囚が無罪であるとして、弁護人の生田暉雄弁護士は再審請求の申し立てをしました。

生田弁護士いわく、「無罪とするべき明らかな新証拠を発見した」との事です。

和歌山カレー事件と言えば、当時容疑者となっていた林真須美死刑囚が取材陣に対して水をかける姿や、当時着用していたミキハウスの洋服や、足を引きずりながら林真須美死刑囚の肩を借りて歩いていた夫の姿が印象的でした。

 

あれだけマスコミに連日押しかけられ、「犯人だ」と誰もが思っていた林真須美死刑囚が冤罪だったとすれば、大変なことですよね。

生田弁護士の言う新証拠というのも何なのかとても気になります。。

現在までに出ている情報をもとに、お伝えしていきたいと思います!

 

毒物カレー事件とは

和歌山毒物カレー事件(和歌山カレー事件ともいわれています)は、1998年7月25日、和歌山県和歌山市園部の夏祭りで出されたカレーライスによって、67人が急性ヒ素中毒・4名が命を落としてしまったという毒物混入・無差別大量殺傷事件です。

カレーライスの中には、毒物である亜ヒ酸が混入されていて、それを入れたのが、当時の林真須美容疑者であるとして第一審で死刑判決を受け、2009年に最高裁判所で死刑が確定しました。

一方、林真須美死刑囚の夫である林健治さんは保険金詐欺容疑で逮捕されています。

 

毒物カレー事件の林真須美死刑囚は冤罪?

報道によりますと、林真須美死刑囚の弁護人である生田暉雄弁護士が

「無罪とするべき明らかな新証拠を発見した」

「第三者による犯行は明白で、林死刑囚は無罪」

として和歌山地方裁判所へ再審請求をしたとの事です。

 

この事件、発生当時は毎日のように、テレビ局やマスコミが林真須美死刑囚の自宅に殺到し、林真須美死刑囚が、マスコミに向けてホースで水を撒くシーンは何度も放送されました。

また、事件の前には、林真須美死刑囚が、夫である林健治さんにヒ素を飲ませて意識不明の状態にし、多額の保険金を受け取ったとされていました。

それもあってか、あのニュースを見た誰もが毒物カレー事件の犯人は林真須美死刑囚だという印象を強く受けたと思います。

 

しかし、夫である健治さんは、林真須美死刑囚の無罪を訴え続けています。

また、ノンフィクションライターの片岡健さんも、冤罪だという事を確信していると言います。

そのインタビューはあまりにも説得力がありましたので、ぜひ一度見てみて下さい。

 


このインタビューを見ると、確かに当時はマスコミの報道にかなりあおられていて、事実がどんどん違う方向へと捻じ曲げられている可能性も否定できないな、と恐ろしく感じてしまいました。。

林真須美死刑囚は動機・自白・物証なし?

上記のインタビューで、ノンフィクションライターの片岡健さんがおっしゃっている通り、林真須美死刑囚にははっきりとした動機がありません。

この毒物カレー事件の前に、数人の男性の食べ物や飲み物にヒ素を入れて保険金を受け取ったという詐欺事件を起こしていることは分かっているのですが、これも被害者のほとんどは共犯。

つまり、保険金を受け取るために自ら分かっていてヒ素を飲んだ。という事になります。

 

そして、その「ヒ素」というキーワードが毒物カレー事件と共通することから、この犯人が林真須美死刑囚だという印象が植え付けられてしまいましたが、そもそも林真須美死刑囚が近所のお祭りのカレーにヒ素を入れたところで、自分に何の得もありません。

お金が入ってくることもありませんし。

「近所にだれか気に入らない人がいたのではないか」という報道もあったようですが、林真須美死刑囚はあの性格です。

気に入らない人がいれば、直接本人にズバッと言えるのではないでしょうか。

 

そしてもちろん、林真須美死刑囚はこの事件について自分がやったと自白していることもありませんし、きちんとした物証も上がっている訳ではないと言います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実 [ 田中ひかる ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/6/10時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

毒物カレー事件で生田弁護士が発見した新証拠とは?

一度死刑が確定しているものに対して、再審請求をしたということ、また、「第三者による犯行は明白」と断言しているところからみてかなりの新証拠が見つかったと考えて良さそうです。

いったいどんな証拠なのでしょうか?

現在のところ、これが何なのかはまだ発表されていませんが、もし再審が行われることになれば、明らかになるでしょう。

 

もしこれが冤罪だったとしたならば、林真須美さんはもちろん、夫の健治さん、子供たちの人生を大きく狂わせてしまったという事になります。

林真須美死刑囚の長男は、事件後21年たってから書籍で想いを綴られています。

 

 

事件後から今に至るまでの彼の人生は、いじめ、暴力、差別による筆舌に尽くしがたい苦労と辛酸を舐める日々の連続でした。事件後の10月、林眞須美・健治夫妻が自宅で逮捕されましたが、その日から林家の子どもたちの人生は一変、入所した児童相談所では、初日から陰湿かつ凄惨ないじめが始まり、その後移った児童養護施設では、子供たち、職員までもが率先して、彼らに暴力、いやがらせなどを行いました。社会に出てからは、不当な解雇や婚約破棄を経験、結果彼は、住む場所を探す、仕事に就く、そして好きな相手と結婚するといった、「普通の生活」すらままならない日々が続いています。

しかし、彼はそうした状況を冷静に受け止め、今日も懸命に生きています。本書の読みどころは、逆境に見舞われた人生に対して、「冷静に捉える視点を持ち、強く生きる姿勢を失わない彼の姿そのもの」です。親が「犯罪者」であることで子供が差別や暴力の被害にあうという“理不尽”と向き合いながら、長男は日々「生きる意味」、そして、「人としてのあり方」を考え続けてきた、その経験と思いを余すことなく詰め込んだのが本書です。様々な理由により人生に生きづらさを感じている方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

引用:株式会社ビジネス社プレスリリース

 

両親が逮捕されてから児童養護施設に入れられ、壮絶ないじめなども経験しているのです。

この再審が適正に行われ、本当の真実は何なのか、しっかりと明らかになる事を願っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう逃げない。 いままで黙っていた「家族」のこと [ 林真須美死刑囚長男 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/10時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

毒物カレー事件の真犯人はだれ?

もし仮に、林真須美死刑囚が冤罪だとしたら、あの事件の真犯人は一体誰という事になるのでしょうか?

既に事件から20年以上も経っていますし、今から再捜査するのはなかなか難しいかもしれません。

ただ、今回出てくる新証拠の内容によっては、真犯人につながるカギが見つかる可能性もありますね。

 

もし林眞須美死刑囚の他に真犯人がいるとしたら、その人は今まで二十数年間ものあいだ、罪を償わずに普通に生活していたという事になります。

そして今、新証拠が発見されたという報道を見て、怯えているのかもしれません。。

 

まとめ

私も、当時はニュースなどの報道を見て、この事件の犯人は林眞須美だ!と思いこんでいましたが、今回の記事を書きながら、これが冤罪だとしたら本当に大変な事だとゾっとしています。

もうしそうなら、警察の捜査や当時のマスコミの取材がいかにずさんだったかが、またひとつ明らかになるという事になりますよね。

まずは申請通りに再審が行われるのか。

今後に注目です。