大坂なおみ会見拒否の理由は?年収からみた罰金はどのくらい?大会追放の可能性もあるの

2021年5月30日に行われた「テニス・全仏オープン」で女子テニス大坂なおみさんが記者会見を拒否されたと話題になっています。

30日の1回戦を勝利した後はコート上でのインタビューには応じたが、予告した通り会見を拒否した。

全米オープンでは記者会見が義務付けられており、今回拒否した大坂に対して1万5000ドル(約165万円)の罰金を科すと発表しました。

 

大坂なおみ会見拒否の理由は?

今回の記者会見の拒否に付いて大坂なおみさんはその理由の1つとして選手たちのメンタル・ヘルスを考慮していないことを挙げて、

「選手の精神状態が無視されている」とご自身のtwitterで拒否理由を述べておられます。

 

 

開催前の5月27日のtwitterの投稿です

 

「アスリートのメンタルヘルスに配慮しない人が多いといつも感じているけれど、人の記者会見を見たり実際に自分で参加したりすると、それがよく分かるの。私たちは既に何度も聞かれたことのある質問や、自信を失うような質問をされる。私を疑うような人たちに自分をさらすのはもうやめることにしたの。試合に負けた後に記者会見で泣き崩れる選手の映像を何度も見たことが私はあるけど、あなただってあるでしょう?あの状況は、既に落ち込んでいる人をさらに打ちのめすようなものだと思うし、それをやる理由も理解できない」

 

「私が記者会見に出ないのは、大会に対する個人的な恨みではないわ。何人かのジャーナリストは私が若い頃からインタビューをしてくれているし、ほとんどのジャーナリストと友好な関係を築いている。でも、“記者会見に応じなければ罰金だ”って言い続けて、大会の主役であるはずの選手のメンタルヘルスを無視し続けてもいいと組織が考えているのであれば、笑っちゃうわ」

 

内容を要約すると

  • 記者会見をしないことをお伝えします。
  • 記者の方々が選手の精神状態を考慮していない
  • 以前に尋ねられた質問を何度もされる
  • 負けた後に倒れる選手も何度も見ている
  • 記者会見をしないと罰金を請求されると言い続けられてきた
  • 選手の精神状態を無視し続けている
  • 私のこの罰金がチャリティーに使われることを願っています。

 

内容を読んでみると、張り詰めた精神状態の中でプレーした後に記者会見に臨むのはとても負担が大きいことを知らせています。

ご自身も今まで試合後の記者会見によって精神を傷つけられてきたからこその拒否なのでしょうね。

しかし、今回の会見拒否は他の選手からは「会見も仕事の一部である」という意見もあり賛否両論です。

大坂なおみの年収からみた罰金はどのくらい?

大坂なおみ選手はローランギャロスの規定に則り、1万5000ドルの罰金が科せられました。

日本円にして約160万円という大金です。

大坂なおみ選手の年俸はスポンサー収入も含めて約60億円だそうです。

換算してみると、年収の6000分の1の出費になり、サラリーマンの年収500万で考えると、800円に値する金額なのだそうですので、ご本人にとってはこの金額よりも、意見を主張する方が強かったのでしょうね。

大坂なおみ今後はどうなるの?

今後の試合については、

大会期間中にメディア対応の義務を無視し続けた場合、行動規律違反により大会からの追放を含むより重い処分が下される可能性があることを通達した

と各4大大会の主催者が連名で声明文が出されました。

このまま拒否が続けば今後大会から追放という厳しい措置もあり得る状態だと言います。

大坂なおみ選手の会見拒否についての周りの声

周りの声も賛否両論ですね。

・選手側も会見までがお仕事なんだ

・スポーツ選手ならスポンサーがいることを第一に考えるべき

・「罰金や処分を受け入れた上で」インタビュー拒否してる。お互いルールを守ってる

 

まとめ

2021年5月30日に行われた「テニス・全仏オープン」で女子テニス大坂なおみさんが記者会見を拒否されましたが、

今後2回戦、3回戦と続くすべての会見を拒否するつもりなのでしょうか。

そうなると、更なる罰金や出場停止が検討されてもおかしくありません。

また、全仏以外にも、全米、全豪、全英と続く大会でも出場禁止となれば、現在2位の世界ランキングも下がらざるをえません。

大坂なおみさんは「全米オープン」と「全豪オープン」で2回ずつ優勝しているものの、「全仏オープン」では3回戦より先に進んだことがなく、昨年は怪我により欠場しています。

トロフィーを掲げる大坂の姿は見ることはできるのでしょうか?