杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長!上級国民のワクチン接種優先理由がゲスい!

杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長!上級国民のワクチン接種優先理由がゲスい!と題して話題の騒動について触れてみたいと思います。

日本中ではじまった新型コロナウィルスのワクチン接種はなかなか進んでいなのが現状です。

感染拡大は心配される中、誰もが一刻も早くワクチン接種をしたいところですね。

そんな中、スギ薬局(スギやっきょく)の会長夫妻が優先的にワクチン接種を受けられるように便宜をはかってもらったことがバレて大騒動になったようです。

スギ薬局の会長は杉浦広一氏になります。

杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長は、何か関係があったのか気になりますね。

または副市長などにコネがあれはワクチン接種を優先的にしてもらえるのでしょうか。

上級国民にはワクチン接種を優先してもらえる理由があるのか知りたいですね。

スギ薬局の会長のワクチン接種騒動について詳しくお伝えしたいと思います。

杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長!

杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長!とはどんな関係なのでしょうか?

大手ドラックチェーン店のスギ薬局の杉浦広一氏と近藤芳英西尾市副市長との新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐる関係が話題になっていますね。

夫妻が住んでいる西尾市では、杉浦広一スギ薬局会長夫妻のために、ワクチン接種の予約を優先するよう便宜をはかったことが発覚しました。

スギ薬局は、1976年に愛知県西尾市に杉浦広一氏と嫁の昭子さんがスギ薬局を創業したのがはじまりでした。

現在は全国展開をしている大手のドラッグストアチェーンになります。

愛知県大府市に本部があります。

創業者の杉浦広一氏は現在会長となっています。

新型コロナの感染防止のためのワクチン接種は、高齢者から優先的に接種することが全国的にはじまりました。

しかし、現状としては全国どこも接種の予約を取ることも困難な状況です。

なかなか接種がすすんでいません。

その中でますますコロナウィルスの感染拡大は治まることはなく、心配な日々が続いていますね。

杉浦広一スギ薬局会長は現在70歳、嫁の昭子さんは67歳になります。

年齢的にも新型コロナの感染が心配なことはわかります。

予約困難なワクチン接種の優先してもらうとはうらやましい話です。

しかし、西尾市やスギ薬局は、ズルすぎると大炎上となってしまったようです。

西尾市は11日午前、記者会見を開きました。

近藤芳英西尾市副市長を含めて市長なども出席し、事実関係をみとめて謝罪をすることになりました。

上級国民のワクチン接種優先理由がゲスい!

上級国民のワクチン接種優先理由がゲスい!ということが話題で炎上しています。

どうして、杉浦広一スギ薬局会長夫妻がワクチン接種を優先的にしてもらえるようになったのか理由が知りたいですよね。

スギ薬局の会長くらいの上級国民だと、やはり優先的にしてもらえるのか気になりますね。

近藤芳英西尾市副市長によると、杉浦広一スギ薬局会長夫妻にはさまざまな形で市に支援してもらっていたため、何らかの形でお返しをするということだったようです。

具体的な支援とは、65歳以上の方の健康づくりなどを目的とした運動施設を建てたことや、無償で貸与してもらっていることなどをあげていました。

つまり、西尾市のためにスギ薬局は支援活動をしてきたことが理由だったことになりますね。

しかし、本当はスギ薬局の秘書から再三にわたり、ワクチン接種を優先的にできるように要請があったそうです。

回数にして3回もあったとのことでした。

西尾市にとっては、上級国民の杉浦広一スギ薬局会長夫妻の予防接種は優先しなければならなかったようですね。

近藤芳英西尾市副市長は要請を聞いてしまったのですね。スギ薬局からの要請というゲスい理由だったことがわかりました。

この騒動が発覚してから、スギ薬局はお詫びのコメントを発表していました。

その中で杉浦広一スギ薬局会長は過去にアナフィラキシーショックを経験したことがあったそうです。

そのため、ワクチン接種を希望していないことをわざわざ明かしていました。

ではどうして、秘書は何度も西尾市に要請をしていたのでしょうかね。秘書のせいでしょうか???

かえってゲスい理由のようにも思えました。

ネットの声

杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長の関係や上級国民のワクチン接種優先理由がゲスいとの声も多く聞こえますね。

どんなネットの声があるのか見てみましょう。

 

まとめ

以上、杉浦広一スギ薬局会長と近藤芳英西尾市副市長の関係や上級国民のワクチン接種優先理由がゲスいと話題になっている内容についてまとめてみました。

この大変なご時世、何の利権もしがらみもなく、平等にワクチンが行き渡る仕組みを作ってもらいたいですね。