【最新情報】アミメニシキヘビ!横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定?賠償責任は?

アミメニシキヘビ脱走最新情報!横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定?賠償責任は?とのタイトルで詳しく内容をお伝えしていきます。

大注目のアミメニシキヘビが発見されましたね!

横浜市戸塚区内で、室内で飼育されていたアミメニシキヘビが脱走した騒動が注目されています。

横浜戸塚の場所はどこなのか詳しく調べてみました。

結果、神奈川県横浜市戸塚区名瀬にある、マンション(アパート)です!

アミメニシキヘビ発見とあって、大勢の人がマンション(アパート)に押し寄せています。

マスコミや報道関係者、YouTuberからヤジウマの人たちまで、現地はスゴイことになっています。

マンション(アパート)の地図や画像は ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓で公開しています!

また飼い主のインスタより人物が特定されたともいわれています。

ニシキヘビを脱走させてしまった飼い主には、賠償責任などがあるのかも気になりますね。

詳しくお伝えしたいと思います。

【発見】横浜アミメニシキヘビはどこにいた?!飼い主の罪と驚きの捜索費用や損害賠償!

 

ここだと思われます!

 

 

爬虫類好きの飼い主は、ここで3.5mのアミメニシキヘビの他に4mの別のヘビ、ワニなどの爬虫類を飼育って驚きしかありませんね。

 

アミメニシキヘビ飼い主YouTube生配信出演!Twitterやブログが判明!インスタは?

 

【発見】横浜アミメニシキヘビはどこにいた?!飼い主の罪と驚きの捜索費用や損害賠償!

【悲報】横浜アミメニシキヘビ飼い主ヘビやワニを売却譲渡!種類や値段!なぜ茨城の業者?

アミメニシキヘビ脱走マンション(アパート)を特定【画像あり】場所は横浜市戸塚区名瀬

アミメニシキヘビ脱走最新情報!

アミメニシキヘビ脱走最新情報!に触れていきましょう!

マンションの室内でペットとして飼われていた巨大なアミメニシキヘビが脱走して発見!

報道によるとニシキヘビとなっていますが、正式には「アミメニシキヘビ」という名称になります。

今現在も神奈川県警や消防などが総出で付近の捜索活動が終わりました!

脱走した当初は、赤外線カメラを使い、飼い主の部屋や風呂場の天井からほかの部屋なども捜索が行われましたが、十分ではなかったようですね。

アミメニシキヘビは、なんと天井にいたのです!!

また警察犬まで出動するほどの大掛かりな捜索が行われましたが、屋外では発見することはできませんでした。

最新情報はアミメニシキヘビが脱走してからかなりの時間と人が費やされましたね。

 

アミメニシキヘビはエサを食べていないため、ネズミなど生き物のエサを置いて捕獲する作戦を行っていました。

しかし、ヘビはしばらく何も食べなくても平気な生き物になります。

ですから、エサがなくても生きてどこかに潜んでいることができます。

エサの捕獲作戦が成功するのか注目ですね。

また今現在の最新情報では、警察や消防などの捜索は21日で打ち切りになりました。

今後のニシキヘビの捜索は飼い主や地域の方の協力だけというところでの発見でした!

本当に良かったですね!

近隣の住民にとっては、安心な日々が戻りますね。

横浜ニシキヘビ脱走についての最新情報は「発見」です!

脱走した時の状況はどうだったのでしょうか。

5月6日午後9時半ごろ、神奈川県警戸塚署に「家に帰ってきたら、飼っていたヘビがいなくなっていた」と飼い主から通報があったそうです。

アミメニシキヘビの体長は、約3.5メートル、体重約13キロという巨大な大きさでした。

マンション2階の部屋で黄色のアミメニシキヘビを飼育していました。

入っていたケージの鍵が壊れていたそうです。

部屋の窓が開いており、そこから逃げた可能性があるそうです。

ヘビがケージの鍵も壊してしまったのでしょうか。

ホントだったら、噛みつく力も強そうでそんな大きなアミメニシキヘビが周辺にいると思うと怖いですよね。

でもアミメニシキヘビは毒をもっていません。

しかし、締めつける力が強く、人や動物に巻きついて死亡させるおそれもあるそうです。

周辺の住民には外出時には気をつけるように注意が出ているそうです。

アミメニシキヘビ飼い主YouTube生配信出演!Twitterやブログが判明!インスタは?

【悲報】横浜アミメニシキヘビ飼い主ヘビやワニを売却譲渡!種類や値段!なぜ茨城の業者?

横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定?

横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定?されたってホントでしょうか?

横浜市戸塚でアミメニシキヘビが脱走した詳しい場所や環境はどんなところなのでしょうか。

場所は、横浜市戸塚区名瀬町のあたりになります。

JR戸塚駅の北へ約3キロの住宅街になります。

周囲の環境をどうなのでしょうか。

住宅地になりますが、マンションの裏側は木の生い茂った山になります。

また道路を挟んで川が流れています。

アミメニシキヘビが好んで隠れる場所は多くありそうです。

またヘビの習性として臆病で夜行性なため昼間は木陰、下水道などの陰に隠れている可能性が高いと言われいました。

きっと意外な場所に隠れていそうですね。

また、飼い主のインスタやブログから人物が特定されたともいわれていますが、インスタやブログはわかりませんでした。

飼い主は20代の男性のようですね。

そもそも、3.5mもある巨大なヘビを自宅でペットとして飼うことは許可されているのでしょうか。

アミメニシキヘビの飼育することや施設変更には、事前に都道県の許可が必要になります。

飼い主は、許可をとって飼っていました。

3.5mにまで大きく育ててきたようです。

また脱走したヘビのほかにも8匹もヘビを飼っていた爬虫類好きだったようですね。

でも飼い主は騒動になってしまい、かなり反省をしているようです。

飼い主の賠償責任は?

飼い主の賠償責任は?あるのでしょうか?

アミメニシキを脱走させてしまい大騒動になってしまいましたが、この場合は飼い主に賠償責任はあるのでしょうか

飼育していた動物が人に危害などをした場合は、飼い主は損害賠償責任を負うことがあると民法で定められています。

さらに、とんでもない賠償責任を負うこともあるようです。

誰かにケガさせてしまったり、最悪にも死亡事故ということ引き起こしてしまった時は、場合によっては重過失致傷罪や過失致死傷罪などの刑事上の責任を飼い主が負うこともあるそうなのです。

大変なことですよね。

【発見】横浜アミメニシキヘビはどこにいた?!飼い主の罪と驚きの捜索費用や損害賠償!

アミメニシキヘビ脱走マンション(アパート)を特定【画像あり】場所は横浜市戸塚区名瀬

ネットの声

アミメニシキヘビ脱走最新情報!横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定?賠償責任は?についてのネットの声を見てみましょう!

 


まとめ

アミメニシキヘビ脱走最新情報や横浜戸塚の詳しい場所と飼い主インスタ特定、賠償責任はについてお伝えしました。

慣れていない人が見たら、巨大なアミメニシキヘビはさすがに怖いですよね。

周辺の住民も不安な日々が続いていたので、アミメニシキヘビが発見されてホントに良かったですね!!

アミメニシキヘビが脱走した戸塚区のマンションはどこ?毒性や値段、飼育許可を調査

【保存版】アミメニシキヘビから身を護る方法(護身術)もしもヘビに襲われたら