【悲報】横浜アミメニシキヘビ飼い主ヘビやワニを売却譲渡!種類や値段!なぜ茨城の業者?

【悲報】横浜アミメニシキヘビ飼い主ヘビやワニを売却譲渡!種類や値段!なぜ茨城の業者?

のタイトルで詳しく内容をお伝えしていきます。

 

連日報道されている横浜の戸塚区でおきたアミメニシキヘビの脱走騒動。

 

日に日に世間の関心もヒートアップしているようです!

 

飼い主は、ほかにも多くのヘビやワニを飼育していました。

 

しかし、騒動がおこってから、飼い主はすべての爬虫類(はちゅうるい)を売却したようです。

 

あとから、わかりましたが「売却」ではなく「譲渡」だったようです!

 

いったい、どんな理由があったのか気になりますね。

 

ほかにはどんな爬虫類がいたのか、値段はどのくらいになるのか調べてみました。

 

ヘビやワニの引き取り先は茨城県にある業者だったことがわかりました。

 

知れば知るほど、プロの業者で「神対応」の業者とはどこなのでしょうか?

 

なぜ、横浜から、わざわざ遠い茨城の業者だったのかも、理由に納得してしまいます。

 

ここのところについて、詳しくお伝えします!

【発見】横浜アミメニシキヘビはどこにいた?!飼い主の罪と驚きの捜索費用や損害賠償!

 

 

 

アミメニシキヘビ飼い主YouTube生配信出演!Twitterやブログが判明!インスタは?

 

【悲報】横浜アミメニシキヘビの飼い主がヘビやワニを売却譲渡!

【悲報】横浜アミメニシキヘビの飼い主がヘビやワニを売却譲渡!ということが話題です!

 

大切なペットを手放し、売却してしまったのです!

 

アミメニシキヘビの脱走騒動によって、飼い主は飼育していたほかのヘビやワニを売却したようです。

 

いったい、飼い主にどんな理由があったのでしょうか。

 

5月6日、横浜市戸塚区のアパートからアミメニシキヘビが脱走しました。

 

連日、飼い主や警察など懸命の捜索活動が続けられていますが、現在も発見されていません。

 

付近住む住民も不安な日々を送っています。

 

それもそのはず、逃げ出したアミメニシキヘビは、体長約3.5メートル、体重約13キロになる巨大な大蛇になのです。

 

体長3.5メートルともなれば、部屋いっぱいの長さになります。

 

しかし、飼い主が飼っていたのは、このアミメニシキヘビ1匹だけではありませんでした。

 

ほかにも何種類かのヘビやワニをアパートの室内で飼育をしていました。

 

ところが、14日になって飼育していたすべての爬虫類を売却したようですね。

 

不注意で逃がしてしまった事をすぐに警察に報告したとはいえ、飼い主は許可されている指定のケージで、アミメニシキヘビを飼育していませんでした。

 

自宅のアパートには毎日大勢のメディアややじ馬が押しかけているようです。

 

大騒になり、飼い主は世間から批判されることになって大変なことになっているようですね。

 

もう爬虫類を飼育することをやめたのかもしれませんね。

 

もっとも、アパートはペット飼育不可の物件でした。

アパートを借りる時の契約を守っていなかったことになります。

 

理由は爬虫類を処分しなくてはいけなかったのかもしれません。

 

アパートの大家さんから、ただちに引越しをするか、違約金を払うことを求められたことも

 

考えられますね。

 

このアパートに2階に飼い主は住んでいたのですね。

 

 

 

 

なぜ茨城の業者にヘビやワニを売却譲渡?値段は?

なぜ茨城の業者にヘビやワニを売却?値段は?

飼い主は、ほかにどんな種類の爬虫類を飼育していたのでしょうか。

 

体長4メートルものなるビルマニシキヘビを1匹飼っていました。

 

アミメニシキヘビより、さらに大きいヘビがまだいたことにビックリ!

 

ほかにはヘビ3匹ワニが1匹カメ1匹がいました。

 

ヘビの中には、4mのアナコンダもいたようです!

 

合計5匹を売却したようです。

 

アパートの部屋は爬虫類だらけだったのでしょうね。

 

飼い主のTwitterから、アナコンダの画像!

 

でも飼い主にとってはかわいがってきたペットだったと思います。

 

飼い主のTwitterからアミメニシキヘビと遊ぶ飼い主の画像!

 

しかし、ペット飼育不可のアパートでヘビやワニを飼育するのはダメでしたよね。

 

ヘビやワニ引き取ったのは、茨城県にある業者でした。

 

なぜ、わざわざ遠くの茨城県高萩市の業者だったのでしょうか。

 

茨城県高萩市の業者の名前は「Kenny茨城」ということがわかっています。

 

このKenny茨城に売却した理由は、Titterに書かれていますね。

売却や買取ではなく、「譲渡」や「引き取り」という扱いなのですね!

ここは間違えないでいきたいと思います!

 

茨城県の高萩市には、日本でも有数の有名な爬虫類のショップがあったのです。

Kenny茨城は、爬虫類に関してはプロ中のプロのようですね!

今回の件も、横浜市の方からの依頼がきっかけになったそうです。

茨城県高萩市は横浜の戸塚区からは、車で3時間くらいかかります。

Twitterを見てみましょう!

 


希少価値の高い爬虫類も扱い、全国から問い合わせがくるほどのショップだそうです。

 

出張買取りもしているようなので、飼い主のように事情があって急に売却したい人にとってもありがたいですよね。

 

飼い主のヘビやワニはどのくらいの相場の値段なのかまではわかりませんでした。

 

急いで引き取ってほしい状況だったにもかかわらず、「譲渡」だったのですね!

この状況で対応できるって、「神対応」と言って良いのではないでしょうか!

本当にスゴイと思います!

このKenny茨城の協力なくしては、脱走したアミメニシキヘビは見つからないのではないでしょうか?

Twitterにも、スゴいヒントを投稿してもらっていますよ!

アミメニシキヘビの生態を誰よりも知っているプロにお任せする日は近い?

【発見】横浜アミメニシキヘビはどこにいた?!飼い主の罪と驚きの捜索費用や損害賠償!

 

ネットの声

ネットではどのような声があがっているのか見てみましょう!

 

まとめ

【悲報】横浜アミメニシキヘビ飼い主ヘビやワニを売却譲渡!種類や値段!なぜ茨城の業者?というタイトルで詳しくお伝えしました。

 

飼い主はとんでもない大騒動になったことに責任を感じているようです。

 

アミメニシキヘビの捜索は、今後冬までおこなうそうです。

 

冬になるとアミメニシキヘビは生きていられないためだそうです。

 

そうなると、アミメニシキヘビもかわいそうです。

 

なんとか早く発見されるといいですね。

アミメニシキヘビが脱走した戸塚区のマンションはどこ?毒性や値段、飼育許可を調査

【保存版】アミメニシキヘビから身を護る方法(護身術)もしもヘビに襲われたら