キッチンdive恫喝男の菓子折り謝罪を拒否?店員の態度が煽ったと潮目が変化?

お弁当

2021年5月25日の未明に東京都・亀戸にある弁当店「キッチンDIVE」の店内で、店員に小銭を投げつけ、暴言を吐くなどの迷惑行為をしたあごマスクの男性2人組

緊急事態宣言中、深夜の店内でマスクをあごに掛けたまま怒鳴り散らし、代金を投げつけるなど、迷惑行為を続けた様子が、情報番組などでも報道されていました。

キッチンdive恫喝男の菓子折り謝罪を拒否?店員の態度が煽ったと潮目が変化?

男性2人組は店員を恫喝(どうかつ)するような言動も見られ、店側は警察に被害届を提出していました。

その後、恫喝していたうちの一人が菓子折りを持ってお店に謝罪に来たといいます。

24時間営業の店内はYouTube中継されていた!

キッチンDIVEは24時間営業の大人気のお弁当のお店です。

そして、店内の様子はYouTubeで中継されていたのです。

そして、恫喝した二人組の様子もバッチリ映っていました!

防犯カメラを設置せずとも、恫喝した犯人の顔も言動も明らかになっていたわけです。

 

このようにテレビのニュース番組でも取り上げられるという事態に!

キッチンDIVEの伊藤慶代表は

「謝罪に来ても謝罪は受ける予定はありませんし、示談にも一切応じないつもりです」

と言っていました。

ビビッて謝罪に?菓子折り持参するも拒否される?

顔や声は「隠され」てはいるものの、自身の行動に見覚えがあったのでしょう。

その後、この2人組のうちの1人(スーツ姿の男性)が菓子折り持参でお店に謝罪にやってきたというのです!!

どうやら謝罪する時には「菓子折持参」という常識はお持ちなようです。

6月2日の20時過ぎに再びお店にやってきたのですが、店主の伊藤さんは前述の通りに許すつもりはないようです。

スポーツ報知によりますと

東京都・亀戸にある弁当店「キッチンDIVE」で5月25日午前3時20分ごろ、店員に小銭を投げつけ、暴言を吐くなどの迷惑行為をしたあごマスクの男性2人組のうちスーツ姿の男が3日、菓子折をもって同店に謝罪に来たという。

スーツを着た男は午後8時ごろ、再び同店に訪れた。今度はマスクをちゃんとしていたという。同店代表の伊藤慶さんは不在だったため、電話で対応した。
伊藤さんによると、ツイッターなどに顔をさらされている状況だったため、男は意気消沈している様子で、「すいませんでした。許していただけますか」と謝罪した。

しかし、伊藤さんは「到底許せない。示談にする気もさらさらありません」と伝え、「今からパトカーを呼びますので、あなたが警察署に行って、警察と話して、自首という形がとれるのであればそうしたらいいのでは」と提案。男が「はい、わかりました。それでお願いします」と言ったため、そのままパトカーを呼んだ。城東警察署は男の出頭を認めている。

しかし、迷惑をかけたのは二人。もう一人の謝罪はないようで・・・。

店主も相当怒っているようです。

そもそも恫喝の原因は?店員の態度も悪かった?

この騒動の発端となったのは「電子レンジ」でした。

以前はお弁当を温められるように店内に置いてあったという電子レンジ。

しかし、現在は新型コロナウイルスの影響で設置はされていないようで・・・。

客「チンないのこれ?」
店員「コロナのアレで置いてないんですよ」
客「えー?前あったでしょ?」
店員「今置いてないんですよ」
客「冷たいまま?チンしてよ」
店員「出来ないんですよ」
客「キャンセルする?(連れに尋ねる)」
店員「キャンセル出来ないです」
客「おいおいお前態度悪すぎるぞ」
店員「いやそっちのが悪いから」
客「何が悪いねん」
店員「出来ないものは出来ないでいいじゃないですか」

ここから店員さんと恫喝顎マスク男性の口論が始まります。

客「気持ち悪っ」
店員「お前がな」
客「お前っつった今?オーナーか店長呼べや」
店員「お前以外に人いないでしょ」
客「お前っつったなおい」
店員「すいませーん!」
客「客にお前とか言うんだけどどんな店?キャンセルして」
客「ヤバヤバ、調子のんなよマジで」
店員「先に言ってきたのどっちや」
客「お前じゃい!」

ネット上の反応は?

キャンセルできないのはおかしい店員さんが煽ってるという声も出てきました。

そして、今回の件でお店側もまた反応しています。

「買っていないのにキャンセルできないのはおかしい」といった声もありましたが、泥酔していた顎マスクの男性2人組は、商品のお弁当を「販売不可能な状態」にしていたといいます。

そりゃ、お弁当でグチャっとへこんだものを「キャンセルしろ」なんて言われても、お店側としては「いや、もうこれ形変わっちゃってますし無理です」ってなりますよね

いくら酔っぱらっていたとは言えども、やはり店員さんに暴言を吐いたりするのはよろしくありませんよね。

そして、このようにYouTubeに残ってしまっています。

菓子折りのように「甘く」はいかないという事ですね。

「一事が万事」という事を改めて思い知らされる事件ですね・・・。