本多平直議員の14歳と同意性交発言がヤバい!学歴や経歴、家族構成は?妻は西村智奈美で過去には事故も!

立憲民主党の本多平直衆院議員(56)の発言が問題となっています。

内容は、刑法の性犯罪規定の見直しについて議論した際、本多平直議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したというもの。

本多平直議員とはどんな人なんでしょうか。

また、奥さんも政治家ですが、過去に事故や問題を色々と起こしているようです。

本多平直議員についてまとめてみました。

本多平直議員の問題発言とは?

本田平直議員の問題発言は、5月10日の立憲民主党法務部会のワーキングチームの会合で発言されました。

外部講師が性交に同意できる年齢を現在の13歳から16歳に引き上げるべきだと主張した際、反論として言ったそうです。

「成人と中学生が恋愛関係になるのはあり得る。罰するのは望ましくない」とも語ったということで、ネットでも非難の声が殺到しています。

50代の男性が、中学生と恋愛関係になり得るなんて発言は、想像しても恐ろしいですね。

ワーキングチームに参加していた刑法学者の島岡まな氏も、

「発言を聞いて絶句した。(中学生との性行為は)性的搾取にあたるから、犯罪となり得ると示すことが大事だ」「先進国だったら議員辞職くらいのレベル」と批判しています。

なお、本多氏は事務所を通して、「私の発言は不適切であり、おわびして撤回する。誠に申し訳ありませんでした」と発言を撤回しています。

撤回したとはいえ、一度発言してしまったことによる信頼失墜は大きいのではないでしょうか。

本多平直議員のプロフィール

本多平直議員は北海道札幌市出身。

1964年12月2日生れの56歳で、衆議院の当選は3回目です。

北海道でもトップクラスの北海道札幌南高等学校を経て、北海道大学法学部を卒業しています。

大学では政治学を学美、語学を学ぶためにアメリカの語学学校への留学も経験しています。

大学を卒業後、松下政経塾に入塾し、その後枝野幸男議員の政策秘書を務めました。

2004年に繰り上げ当選で衆議院議員となり、2009年の衆議院選挙では埼玉12区から出馬し、当選。

野田内閣時代に内閣総理大臣補佐官、内閣府大臣政務官を務め、枝野幸男経済産業大臣の下で経済産業大臣政務官なども務めたのち

現在は立憲民主党筆頭副幹事長を務めています。

立派な経歴をお持ちなので、かなりの人脈を築いてきたのだと思いますが

なぜ中学生と恋愛がありえるなんて発言してしまったのでしょうか。

本多平直議員の人柄はヤジが多くてうるさい?

本多平直議員の人柄や評判については、国会では「いつも吠えていてヤジばかり」「口が悪くて品がない」と言った意見が多く見られました。

感情の起伏も激しい人のようです。今回もつい熱くなって失言してしまったのでしょうか。

妻は衆議院議員の西村智奈美!過去には事故も?

本多平直議員は43歳で結婚しており、妻は衆議院議員の西村智奈美氏です。

野田第1次〜第3次改造内閣で厚生労働副大臣、鳩山由紀夫内閣・菅直人内閣外務大臣政務官、新潟県議会議員(1期)等を務めたエリート。

ですが、過去に色々と問題を起こしていることが分かりました。

一つは、中学生を自動車ではねたというもの。

交差点で前の車に続いて右折しようとした際、前方をよく見ておらず、横断歩道を左側から歩いてきた女子生徒に気づかずにはねたそうで、相手は軽症だったようです。

二つ目は、元会計担当職員による政治資金の着服で、約3360万円の政治資金を着服されていたこと。

西村氏が代表を務めていた資金管理団体「西村ちなみと100人委員会」、後援会「智水会」から、元会計担当職員が政党助成金を含む政治資金を着服し、「知人が投資に使った」と説明しているそうです。

三つ目は公職選挙法違反で、西村氏への投票を呼び掛ける文書を約2万人の有権者に対して公示前に送付したことが問題になりました。

西村氏の後援会関係者2名が書類送検され、うち1人が略式起訴され罰金30万円の略式命令を受けたそうです。

本多平直議員には息子が一人

妻である西村智奈美議員とは、本多氏が43歳、西村氏が40歳の頃に結婚しており、晩婚だったようです。

結婚してすぐ不妊治療を始め、長年の不妊治療を経て、2016年の11月、西村氏が49歳の時に第1子となる男児を出産しました。

二人とも議員でかなり忙しいため、仕事の日はベビーシッターに預け、週末は地元に戻って母親や義理の妹にお願いしているようです。

男の子の父親だということですが、もし女の子の父親だったらこのような発言はできなかったのでは…と想像してしまいます。

本多平直議員の発言に対するネットの反響

当然ではありますが、ネットでは批判の声が相次いでいます。

特に「50歳近くの自分が」と自分ごとにしているのが余計に生々しく、反感を買ってしまっているのではないかと思います。

すぐに撤回したとはいえ、それで済まされる発言ではなさそうですね。

今後の動向も見守りたいと思います。