弁当屋暴言犯人の勤務先は飲食店経営者!twitter特定班が提供?

「弁当屋暴言犯人」といえば、東京都亀戸にある「キッチンDIVE」での店員への小銭投げつけや脅しのような暴言を浴びせた犯人のことです。

 

このような迷惑行為があったのは2021年5月25日の午前3時20分頃という真夜中です。

 

「キッチンDIVE」では店内の様子がYouTubeにてリアルタイムで中継されているので、暴言犯人の顔だけでなく、姿形についても公開されています。

 

テレビでは人物の顔などは隠されていますが、YouTubeはリアルタイム中継なのでノーモザイクです。

 

「キッチンDIVE」では犯人2人を探し出すためTwitterで情報を呼びかけ、自主も促しましたが、その後警察にも被害届を出しています。

 

そして、6月3日に犯人の勤務先を特定したことをTwitterで報告しています。

 

Twitter特定班から情報提供されたようです。

 

恐るべしTwitter特定班ですね。

 

「キッチンDIVE」と同じ飲食店経営者との情報もあります。

弁当屋暴言犯人の勤務先は飲食店経営者で特定?

 

 

「キッチンDIVE」という弁当屋で店員がお客である2人組みに小銭を投げつけられたり、深夜に泥酔した上、マスクもぜずに暴言を履かれたのは冒頭でもお伝えした2021年5月25日の午前3時20分頃のことです。

犯人は「炎上させてやる!」や「殺ってやる」などの暴言を吐いています。

 

 

犯人が店員に向かって言い放っている姿はマル暴関係者のように感じてしまうほどです。

 

店員さんは怖かったことでしょう。

 

深夜、ひとりでいる店舗に酒に酔った柄の悪い2人組みがやってきて、言いがかりと暴言ですから。

 

そして、暴言は他にもあり犯人は店員に向かって「俺はお前の年収を1ヶ月で儲けてる」と言い放っていたようです。

 

ここがポイントなのかもしれません。

 

「俺はお前の年収を1ヶ月で儲けてる」というフレーズから、犯人はサラリーマンだとしてもかなりの高給取り、もしくは経営者と予想できます。

 

「キッチンDIVE」では犯人探しをTwitterでお願いしていましたが、特定班によって情報が届いたようです。

 

 

「キッチンDIVE」のTwitterによると犯人の所属先と名前がわかったとのことです。

 

ということは、勤務先も分かったということでしょう。

 

この件だけでなく、Twitter上には特定班と呼べるような方たちが束になって強力する形で小さなことまでも特定する調査力をもっています。

 

今回の「キッチンDIVE」の件についても、調査能力を存分に発揮したと言えるでしょう。

 

Twitterでは「飲食店経営者」という情報がありますが、この件について「キッチンDIVE」は名言はしていません。

 

犯人は菓子折りをもって「キッチンDIVE」を訪れて謝罪したようですが、時既に遅しですね。

 

ことが大きくなってから訪れても遅いですね。

 

この件は警察に被害届を提出しているので、「キッチンDIVE」としては警察の捜査を見守るようです。

 

 

ただ、「キッチンDIVE」としては謝罪されても許さないとのこと。

 

そりゃそうですね。

 

まとめ

 

弁当屋(キッチンDIVE)店員に対し、深夜に泥酔の上、ノーマスクで暴言を吐いた犯人の勤務先が特定されたとのことで、一部には飲食店経営者という情報があり、信ぴょう性があることをお伝えしました。