横浜線遅延原因は送電線切断による停電!感電現場は戸塚カントリー倶楽部

2021年6月9日、横浜線で遅延が発生しました。

 

原因は送電線切断による停電とのことです。

 

また、送電線切断現場はは戸塚カントリー倶楽部と思われます。

 

は戸塚カントリー倶楽部では作業員2名が感電し意識不明の状態も病院搬送できない状況という情報もあります。

 

詳しい内容をお伝えします。

横浜線で電車遅延発生!原因は送電線切断

 

6月9日午前9時過ぎに横浜線で電車遅延が発生していることが明らかになりました。

 

このことにより、横浜線では東神奈川液から橋本駅間で運転見合わせとなっています。

 

 

電車遅延の原因は送電線切断による停電で、事故が発生したのは横浜市戸塚区名瀬町とのことです。

 

送電線切断現場は戸塚カントリー倶楽部で作業員2人が感電

 

送電線が切断された現場は先ほどお伝えした場所ですが、その場所には「戸塚カントリー倶楽部」があります。

 

この戸塚カントリー倶楽部の西コース15番付近が事故現場のようです。

 

現場では衝撃音がした後、炎と煙が出ていたとのことです。

 

なぜゴルフ場で送電線切断が発生したのかちょっと疑問です。

 

事故現場の様子をもう少し詳しく述べると、事故発生当時戸塚カントリー倶楽部内で木の伐採が行われていたとのことです。

 

高所作業車を使って木の伐採を行っていたようです。

 

高所作業車にはバケットが設置してありその中で二人は作業をしていたようですが、このバケットが電線に接触したことにより送電線に接触した模様です。

 

 

バケットが送電線に接触したことで火花が散り煙が出たようですが、この衝撃で送電線が切断されたのかについては分かりません。

 

しかし、送電線が切断されたことで横浜線では停電が発生し、電車遅延につながった模様です。

 

感電した作業員2人が病院搬送できない理由

 

戸塚カントリー倶楽部で木の伐採中だった作業員2人が送電線に触れたことで負傷したことはお伝えしましたが、作業員二人はバケット内で倒れているものの病院搬送できない状態だと言います。

 

なぜ病院搬送できないのかと言うと、現場の安全が確保できないからというのが理由です。

 

おそらく、送電線が切断されたことで現場に近づけないのではないかと考えられます。

 

負傷者二人を救出に向かうことで二次災害が発生が考えられるからだと思われます。

 

ちなみに、戸塚カントリー倶楽部には66KVの送電線が通っているとnことです。

 

まとめ

 

本日、横浜線が停電を理由に運転見合わせによる遅延が発生しました。

 

この停電は送電線が切断されたことが原因で、横浜線につながる電線が戸塚カントリー倶楽部内に通っており、この送電線に木の伐採中だった2名が乗るバケットが接触したことで送電線が切断された模様です。

 

 

現時点では事故にあった作業者2名はお亡くなりになったとのことです。